自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

ここにミズナがいたのか

次の畝に移る。 次の畝は赤いネットが目印の玉レタスと晩生のダイコンだ。 レタスはレタスっぽいけれど、ダイコン? まずはレタス。 ピンボケしているし。 レタスは高温多湿が苦手な野菜。9月半ばあたりから成長を加速させてくる。ネキリムシの被害もないし…

ノーマルチのダイコンと、その他

次の週末も三連休だ。なんだか嬉しい。 でも今はやるべきことが多々ある。 次ははみ出しエリアと呼ばれる畝の確認に移った。 ここだ。 マルチングをしている畝には葉物を、ノーマルチの畝にはダイコンを播種している。ダイコンは青首形を播種しているが、土…

ガビーン、ニンジンの発芽率が相当に悪いな

天気予報では晴れ間が見えるとのことだたが、その予報に反して小雨が降り出した。 こんな空模様。 せっかく三連休初日だってのに家庭菜園的活動が小雨の中、とはなんと天は無慈悲。 本日の活動の目的は発芽と活着の確認、害虫が取り付いていないかの確認、で…

プランターにシュンギクを播いたぞ

亡くなった祖母の待つ宮城県仙台市に行ってきた。2週間ぶりの訪問だ。今回は仕事の都合と細君の都合で宿泊せずに、朝の「はやぶさ」に乗車し、夕方の「はやぶさ」で帰還した。 実母、実兄、実弟とその嫁さん、従兄弟、従姉妹、叔父、叔母、と珍しいことに勢…

仙台にまた向かう(予定)

実はこれを書いているのは9月9日月曜日。 台風15号の影響で電車が動かず、自宅で待機している時間を活用してエントリしている。 昨晩、実母から連絡があり、曰く、 「ばあちゃんが亡くなった」 とのこと。 90後半だったか、先日訪れた時はすでに寝たきりであ…

播種定植、その後

無事に播種定植を終わらせた代償に、全身筋肉痛というのが待っていた。 まず腰が痛い。次に太もも裏が痛い。さらに臀部が痛い。これも立ったり座ったり、屈んだり伸ばしたりといった家庭菜園的活動の賜物だ。 朝起床するとバッキバキに痛む。 だいたい、そん…

残された時間は2時間ちょい、日没まで

スポーツだったら日没サスペンデッドで良いのだろうけれど、翌日早朝から通勤する必要のあるサラリーマンにはなかなかサスペンデッドで翌日に延期、という判断はできない。そういう意思決定をしたい場合にはスーツの胸ポケットに退職願を認めてからが良いだ…

タイムリミットまであと4時間あまり

マルチングを終えた菜園主の体力は限界近かった。 「こいつは、マジでしんどいわ」 と何度口に出して言っただろう? この日は気温もさることながら湿度がすごかった。 とにかく久しぶりに本格的な家庭菜園的活動をするわけなので体が悲鳴をあげるのは必然だ…

タイムリミットは6時間30分

さて、耕耘も終わった。 定植する予定の苗も、播種する予定のタネも、準備が整った。 あとは播種定植を残すのみとなった。 令和元年9月1日日曜日、12時10分、作業が始まる。 当菜園は原則的に、マルチ栽培+防虫ネット仕様の栽培手法を採用している。だから…

秋冬野菜のラインナップ②

さて、次に紹介するのは播種する野菜のラインナップだ。 例年同じようなラインナップになるが仕方ない。根菜類や葉物、これからの季節に欠かせない野菜ばかり。それだけに栽培にも熱が入るというものだ。 ①ニンジン「新黒田五寸」 ②ハクサイ「耐病早生60日型…

秋冬野菜のラインナップ①

無事に耕耘作業をすませると次にやるべきは定植する苗の選定と播種野菜のタネのチョイスだった。 HCへ赴き、まずは定植する野菜苗を物色することにした。 まぁどうせいつもの感じになるのだろうと思いつつ。 で最終的に購入した野菜苗は以下の通りだ。 ①キャ…

8月31日土曜日午後5時55分

この日の晩御飯は近くのラーメン屋さんで済ませることとし、そのお店でビールを飲むことにした。キリン一番搾りを出してくれる、ありがたいお店だ。 出かけるまでの間、自宅のピーマンとナスの様子を観察した。 ピーマン。 ま、無事に生きているかな。 そろ…

やはり安納芋は雨が好きなんだ

せっかくなので安納芋の様子も見てみよう。 当菜園ではサツマイモを栽培すること、10年弱。安納芋の栽培に関してはうまくいったりいかなかったりの一進一退を繰り返している。もっともこれは菜園主の腕の悪いことが原因である。 葉が茂っていることだけはわ…

8月31日土曜日午後5時50分

秋冬野菜エリアの準備を進めながら、サトイモの様子を観察。 雨が多く、しかも蒸し暑い気候だったからかサトイモが大きく伸長したように見えた。 株元の雑草さんを引っこ抜きながらセスジスズメの幼虫など付いていないかを観察したのだった。 幸いなことに、…

8月31日土曜日午後5時40分

この日、無事に秋冬野菜専用エリアの耕耘が終わった。 今シーズンもオンスケではいかなかったが、それでも播種定植の準備ができた。本当は、この作業、先週のうちに終わらせておきたかったのだ。 今、ここに苗や種があれば播種定植を敢行できただろう。 しか…

8月31日土曜日午後4時33分

東の空は幾分黒く見えたが、西の空は青い空と頼りなさそうな太陽がシャイな感じで顔を覗かせていた。 ひょっとしたら耕耘できるかも。 菜園の様子を見に行くと、 秋冬野菜エリアを歩いて見る。 ぬかるんだ様子はない。 乾いてくれたのだ。 自宅に戻り、施肥…

8月31日土曜日午後3時40分

3時間ほど資格取得に向けた勉強をしていた。もうかれこれ勉強を始めて5年も経つ。5年たっても取得できないというのは情けないこと。いい加減に早く決めたいと思いつつ日々を過ごす。 外は晴れている。少し東風も吹いている。 ひょっとしたら乾いてくれるか…

8月31日土曜日午前6時05分

昨夜はそれなりの雨が降ったため、週末の家庭菜園的活動はできないと考えた。 愛犬ロクロウの散歩をしながら セミの抜け殻を眺める。 そういえばセミって随分長く地中にいるものだと思っていたが最近の研究では実はそう長くはいないらしいことがわかったと、…

どうすればいいんだ、この夏

ここのところの天候不順で家庭菜園的活動のスケジュールが消化できていない。確か数年前にもこんな年があったと思う。 先週の金曜日の菜園はこんな感じであった。 このまま雨が降らず、1日持ってくれさえすれば土曜日には肥料散布→耕耘→播種定植ができると…

帰京2019

祖父宅からは送ってもらった。 仙台駅まで。 叔父はハイブリッドな車を所有し、レトロなトラックを所有し、ハイカラな趣味を持っていた。そういう叔父に送ってもらった。 時刻は12時過ぎ。昼食について考えてもいい時間だった。 昼食は牛タンを食うと決めて…

20年ぶり、仙台再訪

祖父が亡くなった。 連絡を受けたのは月曜日だった。 連絡を寄越したのは母からで、いわく、 「葬式も済んだし」 *** 祖父のところへ行くのはおおよそ20年ぶりだった。20歳代半ばに旅行に来て以来の訪問であった。 新幹線で仙台に来たのは30年ぶり。 月曜…

自宅の野菜栽培エリアを整理しました

菜園の施肥の準備を着々と進めている頃、自宅の野菜栽培エリアの5Sを行った。梅雨に入ってから早々にキュウリが死に絶え、梅雨が明けたらミニトマトが死に絶え、いまだに健在なのはナスとピーマンの2品種だけ、という。 今回、ナスも片付けてしまおうと思っ…

有機野菜は安全で美味しい、とかそういうのって

市販の堆肥等をガンガン圃場に突っ込んで野菜を栽培することが有機栽培だと思っている人がいる。 HCなどでパッケージに「有機」と書かれた資材を使用して栽培した野菜を有機野菜という方もいる。 有機野菜とか有機栽培とかの定義は他の著者に譲るが、有機栽…

エンバクが届いた

夏空のような気もするが、この日の朝は涼しかった。さすがに日差しは夏を感じるが処暑も過ぎたせいか、空気に秋を感じた。 田んぼの稲も早い種では出穂しており、9月半ばには稲刈りが始まりそうな気配がした。 本来であれば、先の土日に3回目の耕耘と施肥を…

耕耘したはいいけれど肥料散布を忘れていた

見積もり通りに90分ほどで作業が完了した。 作業については特筆すべきことはない。耕耘機の後ろを小さな野鳥がついてきて土から出てきた虫をついばんでいたことくらいか。 市道沿い。 市道沿いの緑肥区。耕耘後表面がすぐに乾燥しだした。まだまだ暑いのだろ…

圃場全体を耕耘しよう

太陽が西に傾きだした頃、地球のどこかでは東から太陽が昇るだろう、とごくごく当たり前のことを書いてみた。 当たり前のことを書くと自分がたいそう立派なことを書いているような気がする。でも書いた内容に大した意味もなければ教訓もない。ただの自然の摂…

地面が乾けば、何も翌日に作業を伸ばすこともない

この日は暑かった。暑い日にはオクラの花が似合う、とは太宰治は言っていなかったが、このようなくだらない冗談を言っていないと頭がおかしくなるくらいの暑さだった。 ふと、こんなに暑いなら地面もすぐに乾くかな、と思った。 夕方頃、耕耘機が使えるくら…

今年の「幸水」は不作らしい。ついでにサンマも不漁らしい

親戚家に埼玉産の梨を贈ろうと思い、直売所で4Lの梨を購入した。 4Lの梨を15玉購入したら1玉プレゼントされた。それがこれだ。 「幸水」という品種は、梅雨時の長雨で不作なんだって。 梨の中では「幸水」が一番うまいと思っていたので不作なのは残念に思っ…

やはり雨の後になると成長を加速させる安納芋

2019年の安納芋は、昨年や一昨年に比べると順調すぎるくらい順調に育っている。昨年は乾燥にやられたし、一昨年は雑草さんにやられた。今年は過去の教訓を踏まえ、雑草さんの駆除もしたし必要があれば散水する気でいた。結果的には梅雨が梅雨らしくて雨が多…

現金なサトイモ

雨が降ったせいか、サトイモが目に見えて元気になった。 すごく現金なやつだと思ったが植物なんてそんなものだろう。 たっぷりと水分を含んだ土に根を張れるのだからそりゃ元気になる。 例の、セスジスズメの幼虫さんは見当たらなくなってしまった。きっと野…