自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

バラ・花

バラの寒肥

先日バラの剪定を済ませたのだけれど、寒肥を施すことを失念していた。 寒肥はどんな成分がいいだろう? とか考えいたらついつい忘却の彼方へ・・・。 ま、平生使用しているリン酸ベースの骨粉がよかろうと判断し、骨粉を起き肥にしておいた。 ま、色々調べ…

ブドウの整枝後

我が家にはブドウがある。 いずれは収穫して食ってやろうと思っていたが、残念なことにまともに収穫できたことがない。 管理作業もしていないし、 摘果もしていないため、 まともな実にならないのだ。 そもそも整枝したことさえない。 気づくと芽吹き、気づ…

大切に育てれば長生きしますね

もうかれこれ7〜8年物になっているガーベラ。 ずいぶんと長生きしているなぁ。 でもね、少し花付きが悪くなりつつある。土を交換してみようかなぁ。 オキシペタラム。強い霜に当たると枯れてしまうがここまでは順調にきている。宿根草なので生命力がある。 …

ベートーベンの「第九」を聴きながらクリスマスローズについて語る

昨年末に植え替えしたクリスマスローズ。 定植後ちゃんと成長ステージに移行しているかどうか確認を続けている。 もともとの親株みたいなのはこれらだ。 これらの親株も古い葉を摘んで綺麗に整えている。結果、新葉の展開も順調でいるように見える。 こちら…

バラの剪定

もともとバラの栽培は我が細君の役割となっていた。 しかしその細君、いわゆるネグレスト状態に陥り、飼育放棄。 やれやれ、しょーがねーなー。 最近は世帯主が世話をしている。だから剪定も世帯主の役割相成った。剪定して、寒肥あげて〜、とブツブツ言いな…

凛とする空気感

農閑期のため、なかなか家庭菜園的な話題が出て来ない。 そろそろ冬休みに入ろうかな。 あと2週間もすれば年末年始休暇となるが、我が家に庭先には季節外れなのかどうかはわからないけれど、バラが咲いている。 そこそこいい型の花を咲かせるものだから撮影…

サトイモを収穫しないと、だったなぁ

すき焼きとか胡麻和え用に栽培しているシュンギク。 そろそろ収穫してしまわないと霜でやられてしまうな。 一度主枝を収穫しているので脇芽だけでこれだけ大きくなった。早く収穫してあげたい。 霜でサトイモの葉がやられた。もうこうなったら光合成など期待…

どうやら無事に活着したようです

11月に入って早々に株分けしたクリスマスローズは無事に活着した模様。 本来ならば盛夏に株分けするのを推奨されているのだが思い切ってそれに抗ってみた。生育が加速する秋に植え替えするのはよくないらしいのだけれど、逆に根の成長も活発化するのだろうと…

なかなかどうして宿根草の発芽は難しい

当ブログは家庭菜園的活動の記録を認めたものである。そして当ブログ管理人は家庭菜園活動家である。 ん? 『自称週末ファーマー』よりも『家庭菜園活動家』の方がしっくりいくなぁ。 そんな家庭菜園活動家ではあるが人並みに花木を好む。幼少の頃からの趣味…

果たして無事に活着できるのであろうか

当ブログ管理人は幼少の頃から園芸的な分野に興味があったわけではない。むしろ逆で興味なんてなかったと言った方が適切かも知れない。 (その昔の多くの男の子がそうであったように)植物よりも昆虫などの生物の方に興味があったわけで当時のことを考えると40…

ニンジンが必要となるような世界観とはどんな世界観なのか、あなたは知りたいか

ブロッコリー。 まだまだ握りこぶしよりも小さい。例年に比べると生育が遅いのかもしれない。なにせ天候が良くなかったから。 *** これは自宅のプランターで育てているニンジンだ。このサイズ感だととてもじゃないけれど五寸にはなりそうにない。プランタ…

かなり散文的なエントリだけれど

菜園の5Sを行う傍で自宅のお庭の5Sも進めていた。 長雨だったせいか、キュウリはとっくに生き絶えた。トマトも生き絶えた。残るはナスとピーマンだ。あ、大葉も健在だ。 秋冬野菜を定植する頃に全て撤去してしまおう。もう随分と堪能できたし。 *** 我が…

何気に花が美しく見えるのは6月なのかもしれない

祝日のない6月。 どうして6月に祝日がないのだろうか。 休みたけりゃ、自分で祝日を作ればいい。そう、有給(笑) でも、昨年から携わっているプロジェクトがまだ終わらないので休みたくても休めない。早く終わってほしいものだ。ほんと、ヤクザなクライアント…

自宅ではバラが見頃を迎えております

自宅ではバラが見頃をむかえた。 そもそもバラの栽培は細君の趣味であり、世帯主の趣味ではない。したがって積極的にバラの世話をするのは細君の役割と思っていたのだけれど、いつしかそれは世帯主の役割に変わってしまった。 放置プレイ! と叫んでもみても…

バラの香りが庭中漂っている感じ

寒暖差が激しいことを除けば、5月中旬という時節は年間を通じて元も過ごしやすい時節かもしれない。 まず日の出が早い。日没もゆっくり。湿度が低いため爽やかに感じるし空の青さと新緑の緑が「映え」であるからだ。 人間だけではなく、植物、特にバラもそう…

花木シリーズ続きます

いつの間にかチューリップが咲き、いつの間にか散っていく。 この南東の角地の球根類は、花期が終わったら掘り起こす。 ジャスミン? アオダモ。 菜園のクヌギ。 冬にバッサリと剪定したのだが、ちょいちょい新芽を出してきた。 強剪定すると枯れてしまう樹…

復活のシャア、あ、いや、違くて・・・

この春、「こいつは嬉しいぞ」と思ったこと。 それはクリスマスローズ3種類が揃い咲きしたことだ。復活? 濃い紫色、白、薄い紫の3種類があるのだがここ数年、世帯主の管理不足により濃い紫のクリスマスローズが花をつけないままシーズン終わりを迎えること…

そろそろ自宅に野菜を植える準備をしなくてはならないことに気づいてしまった

数少ない当ブログの読者に 「最近カブトムシネタがないですね」 と言われた。 そういえば、あの丸っこいフォルムした芋虫を載せていないな、と。 ちゃんと堆肥場に生息しているんですよ。 ただ見つけるのに苦労するんですよね。落ち葉たくさん積んであるので…

ガーベラの蕾、アオダモの花、ブルーベリーの花、ジャスミンの花

ガーベラの蕾。 もう何年も冬越しを経験したガーベラ。葉が病気がち。 もう少し暖かくなったら病気がちの葉を切除する。それでもダメなら植え替えようかな。土に病原菌が潜んでいるかもしれないから。 ガーベラの蕾は寄生獣に似ている(笑) アオダモの花。 な…

バラの成長が加速されました

ブログ管理人は小さい頃から植物が好きだったわけではない。 成長するにつれて薄っぺらい人間関係に疲れ流ようになったからか、だんだん人間以外の生物に興味を持ち始めたのかもしれない。 これはモッコウバラの蕾だ。 バラなんて中級以上の人間たちが趣味で…

花はね、美しいうちに散るのがいいのだ

4月になっても寒日が続いた。おかげで桜が散らずにしばらく人間たちを楽しませてくれたわけだが、野菜たちにとってはしんどいものとなった。 それでも植物たちは気温もさることながら日長に反応してか、着実に成長していた。 本来は夏の花であるはずの花も咲…

飛行機に乗っている時間よりも空港での待機時間のほうが長い

3月下旬、長崎に出かけたが、出かけた初日は非常に寒かった。空港から市街地へのバスを待っていて気温が一桁代になっていたから相当に寒かったし、海からの風が強かったので余計に寒く感じた。 寒いにも関わらず、ホテルでチェックインを済ませると街に繰り…

本日、帰京

これは出張前のクリスマスローズの様子。 ほぼ満開。このエリアに後から植えたもの。 日当たりが良いのか、かなり育ちが良い。 初期の植えたのが白いクリスマスローズ。 だいぶ復活してきたようだ。 この白い花がなんとも言えず良い。 蕾も多く、まだまだ楽…

花、爛漫は近い

ここのところの気温で季節の花々や植物が芽吹きの時期を迎えたようだった。 気の早いバラは焦る気持ちを抑えられず芽吹いてしまったようだ。 気の早いブルーベリーも芽吹いてしまったようだ。 昨年のコボレダネで発芽したとは思えないビオラ。もこもこしてき…

男爵いもを植えよう

ミモザが開花した。 このミモザは成長が早いので毎年開花期が終わると剪定する。開花後に翌年の花芽をつける性質があるが、樹形をキープするために強剪定を行うのだ。 剪定がすぎると花芽まで切ってしまうことになるので花の数が少なくなるという失敗を何度…

春は、冬が居座る部屋の前で遠慮がちにしているようだった

我が家のクリスマスローズ。 しかも増殖中。株分けするまでもなく、勝手に増殖。相当この場所が気に入ったのだろう。この場をチョイスして定植した身としては恐縮の至りだ。 この冬は激しい寒さが長続きせず、飽き性なのか、寒気が居座ることもないように思…

ドアを開けると部屋の中にはまだ冬がどっかりと腰を下ろしていた

その昔、学校という場所で、それは夏休みに入る前の時期だったと思うけれど、アサガオを栽培するという授業?があった。 今となってはそれが授業だったのかそうでなかったのかはわからない。 とにかく毎年アサガオのタネをまき、夏休みになるとそれを持ち帰…

クリスマスローズは意外と強健

我が家のクリスマスローズだ。 ここのところの気候で、シャン、としてきた気がする。 でもね、まだね、花芽をつけていない。 2世、3世が誕生しており、放置しているとクリムソンの自生地になってしまう。 ま、これらが花芽をつけるにはまだまだ時間が必要だ…

ここのところ自宅の断捨離に夢中になる中、クリスマスローズは寒さに耐えている

あ、別に自宅そのものを断捨離しているわけでは・・・。 部屋にある不要物を5Sしているだけだ。 「5S」とは整理/整頓/清掃/清潔/躾の5つの頭文字をとったものだ。 それぞれの定義はJIS8141に書かれている。 収納なんかに放り込まれているモノは基本的には不…

徐々に昼の長さが長くなる今日この頃

1月下旬、というなんとも寂しげな感じ。 毎年感じる、グレーなイメージの「1月下旬」。雲が低く、湿度が高い割には気温が低いイメージだ。 もっとも当ブログ管理人が住まう関東地方の冬は晴天が多いし、乾燥している。おかげで静電気がばちばちだ。周囲が暗…