読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

我が家のバラが見頃をむかえております

(すでに終わってしまっただろうけれど) 例年だと西武ドームで『バラとガーデニングショウ』らしきイベントが行われた頃だ。めっきりと見に行かなくなってしまったけれど、その理由は3つある。 ①主催者の目的と見物客の目的の乖離がひどい ②土日に行くと混…

今日からまた退屈な日常に戻る

当菜園のクリムソンクローバーにミツバチが蜜を吸いにきていた。 ちゃんと来るんだね。 というか、吸い終わったらどこに戻るのだろう? 巣箱があるんかな? クリムソンクローバーは花期が終わり次第、刈り払い、朽ちたところで耕耘するつもりだ。一回リセッ…

やっぱ、花はいいもんですね

ここまでGWの天気は好天となっている。週末天候が崩れるかもしれないとの予報だが、一雨ごとに植物たちは大きくなる。だから定期的に降雨を期待したいところだ。 まるまる3年冬越しに成功しているガーベラ。違う色のガーベラでも買おうかな? なんだかんだ…

モッコウバラと白いクレマチス

この時期になると我が家は黄色の花を中心ににぎやかな感じになる。 今年もゴージャスに咲いてくれた。モッコウバラだ。 なんとも甘い香りがするのは気のせいだろうか。 よく見るとモッコウバラの隙間にクレマチスが咲いている。 モッコウバラは意外と花期が…

チューリップが咲いた

我が家の南東側の花壇にあるチューリップ。 本来であれば色とりどりのチューリップが咲くはずが、赤色が優勢となっている。 まぁ、このふぞろい感がいい。

明けない夜はない、って

都内の桜はもう見頃を終えた。 一方で住まいのある埼玉県東北部はまだかろうじて残っている体で、次の週末には完全に散ってしまうだろうという塩梅である。 桜色した花もいいが、葉桜もいいと言ったのは誰であろうか。 桜の花を美しいと思う感性は日本人のDN…

セージ

一雨ごとに暖かさが増してくる。 三寒四温というが、春の歩みは一筋縄では行かないことが多い。 しかし自宅庭の植物たちは春の歩みを感じ取ってくれているらしい。 画像はメドーセージの新芽だ。 本格的に春がやってくる。

どうも撮影とか苦手でして

愛犬の散歩中、菜の花がキレイに咲いていたのを見かけたので撮影した。自分で言うのもなんだが、カメラとか撮影とかアングル決めとかそういったセンスは全くないから、お世辞にも美しい写真とはいえない。 ただ、黄色い花を写しただけ。 次の画像は一昨年の…

いい色のサニーレタス

蔓バラのアーチのところにもチューリップが出ている。 最初は取り損ねた小さな球根が植わっていて年々大きくなっている感じで見ていたものだが、今年は蕾を複数付けていることが確認できた。 さすがに花は大きくないんだろうけれど、放っておいても大きくな…

結構よかった、砺波のチューリップ

いわゆる新年度最初の月曜日。 それにふさわしい天気になると天気予報が偉そうに言っていた。 我が家の南東側の花壇ではチューリップが日増しに大きくなっている。気の早い個体が早くも花を咲かせようとしている。 植物はたくましく、世帯主が特段の世話をし…

チューリップの蕾、ガーベラの蕾

先の週末、土曜日は晴れ、日曜日は雨という予報だったので土曜日に全力で作業しようと決めていた。朝も早起きしてとりあえず庭を眺めながらどういう作業をしていこうかと思案を巡らせた。 我が家の南東側にある花壇。 水仙は満開。チューリップさんが日増し…

久しぶりに自宅の庭を眺めました

先の連休で自宅の庭の整理整頓を行った。しばらく庭と向き合っていなかったので新たな気づきがあったのでお知らせしたい。 バラの芽吹き始めたのはついこないだ。 相変わらずのピンボケでどこをフォーカスしているのだか分からない。 クレマチスの新芽も出て…

我が家のバラ

知らず知らずのうちにバラの新芽が出ていた。これらは挿し木で育てていたものだが、ここまで大きくすることができた。 昨年来、我が家ではバラの手入れが行き届かなくなり、いくつかのバラがダメになってしまった。もっぱらバラの世話役は細君なのだが、何か…

我が家の花々

実は本日は細君がおでかけするので世帯主一人お留守番。こういうときには好きなことを堪能することができる。野良仕事をするもよし、畑仕事をするもよし、勉強するもよし、のんびりするのもよし。 昨日から「何しようかな」と思いをめぐらせていたのだが、い…

我が家のクリスマスローズ

先日の自宅庭の5S活動。 本当に汚い光景だったので写真を撮ることさえ憚られるほど。自宅に庭を持つということは庭を手入れし、キレイに保つことなのだ。 そんな中で、我が家にはところどころにクリスマスローズが存在しているのだがこれもまた全く手入れが…

なぜか今年はバラが立派に咲いています。ほんと、理由が分からない

そもそもバラは細君の趣味である。だから当ブログ管理人にはバラの名前など分かる由もない。だいたいカタカナ多すぎ。和名のものもあるけれど種類多すぎ。 あまりにも細君がバラの世話を放棄するもんだから昨年秋から世帯主が代わって世話をするようになった…

身の危険を感じているのだろうか、こんなに花芽を付けているのは初めて見た

先日も紹介したが、我が家で深刻な被害を受けている花木がオリーブ。 ナントカムシにやられている。 先日もオリーブの根元で交尾しているナントカムシを捕獲し、処分した。処分しながらあんまり頑張らなくて良いんだよと語りかけたのだが相手はそんな説教に…

やはり鉢植えよりも地植えの方が育ちが良いことに今更ながら気づいてしまった2016初夏

本日のテーマはバラにしようと思い、iPhone6 で我が家のバラたちを撮影してみた。 撮影したのはよいものの、そのバラについた固有名詞を覚えていないので名前を紹介することができない。 ブログを公開しているものとして、忸怩たる思いがするのだが、バラの…

我が家にバラの季節が訪れた

モッコウバラ、満開。 あとは散るだけ。 昨年までは病気がちだったピエールが開花した。ちょっとカップが浅いなぁ。 その他のバラも蕾が大きくなり咲こうとしている。 ちなみにナニワイバラは散り始めた。 とにかく多忙でしょうがない。

地植えのバラは開花を始めています

例年だと「バラが咲きました」的なエントリが出始める時期となる。鉢植えのバラたちはまだ蕾のまま。地植えのバラがようやく咲くかなと行った頃だ。 数年前のこの時期は例年西武ドームで行われる「ガーデニングショウ」なるものに行っていたのだがここのとこ…

GW中に秋冬の一年草を処分しようと思います

基本的に我が家は一年草よりも宿根草の方が多い。なぜって管理がラクだから。 それに一年草は植え付ければオッケーみたいなものが多いので手っ取り早いのは確かなんだけれど、ド定番が多いからおもしろくない。 もうそろそろパンジーやビオラは終わりだ。こ…

知らない間にいろんな植物が大きくなっていた

我が家の立ち水栓。いろんな植物がもじゃもじゃしている。整理したいなぁ。 ホスタの新芽が出てきた。一回り大きな容器に植え替えてあげたいのだが・・・。 水栓の上にはモッコウバラがもじゃもじゃしているのだが、 蕾がたくさんある。毎年律儀に多くの蕾を…

我が家のムスカリは出てきません

我が家は暖色系の花を好む。好んで宿根草を栽培することが多いのだが、こういった暖色系の花は一年草であることが多いかもしれない。 また、球根植物もそれなりに栽培しているのだがなかなかメンテナンスができていないので、チューリップ以外の球根植物は駆…

本格的に耕耘作業でもやろうかなと思います

ずいぶんと暖かくなってきました。我が家のロクロウの散歩の距離が、気温と反比例して短くなりつつあります。飼い主は菜の花の匂いが得意ではなく、なるべく菜の花を避けて散歩に連れて行くのですが、当の愛犬ロクロウはおかまいなしに田んぼに突撃するので…

4月1日のチューリップ

今日から新しい事業年度でございますね。もっとも事業年度は各事業体が自由に設定できるのですが、公官庁が4/1スタートだからそれに合わせて4/1スタートのところは多いですね。ま、なんでもいいけど。 当ブログ管理人の勤務する中小企業も例外ではなく、本日…

雨が降っちゃ、せっかく圃場の手入れをしようと思ったのにできないじゃないか

昨日、すなわち三連休初日、雨が降った。しかもかなりの時間降った。 そして思った。 「耕耘機を使って圃場の整理をしようと思ったのに」 「まだ秋冬エリアの整理が終わっていないから、それをやりたかったのに」 「現在の秋冬エリアが今シーズンの春夏野菜…

まだミモザが満開になりませんな

もう少し暖かい日が続くと一気に咲くでしょう。強剪定をしてしまったから花芽の付き方にバラツキが出てしまった。満開になってもゴージャス感はでないだろうけれど。 この連休で少しは家庭菜園的活動ができると思います。

彼岸入り

庭先の水仙が咲いていた。 愛犬ロクロウとの散歩コースで見かける紫の花も咲き始めた。この花、なんていうんだろう? 我が家には未使用の和室が存在する。その和室の北東側にもクリスマスローズが植えられているのだが、先日開花しているのを確認した。 ずい…

いま、埼玉県北東部の梅が見頃(ほんと?)

埼玉県には越生梅林とかいう梅の名所がある。当ブログ管理人は埼玉育ちであるが、越生梅林には言ったことがない。 埼玉県に住んでいても「越生ってどこ?」って感じ。 このマップは平成の大合併前のマップなので現在では存在しない市町村があるかもしれぬ。…

クリスマスローズ、満開

先日紹介したクリスマスローズが満開状態になっている。すごい。大カブだからすごい。これくらい大カブだといくらくらいで売れるだろうか、と不謹慎なことを考えてみた。 意識を現実に戻し、改めてクリスマスローズを眺めていると咲いている花は全てお辞儀し…

いつの間にかミニチューリップが開花していた

朝午前四時に起きる。 キッチンへ向かい、水道水を飲んだ。喫煙習慣を止めて以来水道水がおいしく感じるようになった。グラス一杯の水道水を飲むとそのまま玄関に向かい、新聞を取り出す。 コーヒーメーカーでコーヒを淹れる。コーヒーができるのを待ちなが…

株分けできすに放置されていたクリスマスローズが開花した

3月ですね。早いですね。 我が家には季節の花々が所狭しと植えられていますが、どちらかと言えば一年草よりも多年草が多く植えられています。 一回植えておけば毎年咲くし、といった安易な理由から、いや、多年草の方が趣きがあるからといった理由で多年草…

2016年のミモザ

昨年2月末のミモザはまだ蕾のままだった。こういうところに暖冬の影響があるのだろうか、今年はすでにミモザが咲いている。 とはいえ、まだ一分、二分咲きではあるのだが。 昨年かなり強く選定したので花芽のつき方にムラがあり、花芽のつき方がバラバラだ…

小さい春

「小さい秋」という童謡があったが、あれのどこに小さい秋があるのか不思議に思っていた。現在ではまじまじと歌詞を眺めたり歌ったりしないので気にはならない。 ふと、小さい秋があるのなら小さい春もあるのだろうかと思ってみた。小さい春って何だろう? …

今夜はカニ鍋

日中は風もなく穏やかな条件だったので、お向かいさんの奥さんからいただいた一年草を定植することにした。 冬の花々はド定番のビオラやパンジーがプランターに定植されている。それでも冬という気候の特質ゆえかいまいち華やかさが足りない。せっかくお花を…

今年もこの時期に水仙らしき花が咲いた

我が家の東側で、市道に面したカベの内側にこのような水仙らしき花が咲いていた。隣に見える木は落葉樹で「アオダモ」という。ここは冷たい北風が建物によって遮られているので日だまりとなり暖かい。昨年もこのような水仙らしきものが咲いていたのだが、ど…

師走を前にした生ゴミ処理装置のモミガラ

今日で11月が終わるみたいです。早いなぁ。これじゃあっという間に12月も終わってしまうのだろうな。 今年の年末年始は暦的には最低の並びなので長期休暇にならない企業が多いのではないでしょうか。年末年始は、年末年始特有の雰囲気が味わえれば長期休暇で…

パンジーやビオラを植えてみました

我が家には宿根草を中心に花木が植わっている。多くはバラなのだが、これは細君の趣味であって世帯主の趣味ではない。最近は細君がバラの世話を放棄しているので世帯主がせっせと世話することになった。世帯主はぶつぶつ文句を言いながらバラの世話をする。…

11月のバラ

久しぶりのバラネタです。 自称週末ファーマーはバラには明るくありません。これはウチの細君の趣味ですが、最近は世帯主が世話をしております。世話放棄かい! とツッコんでも細君はそ知らぬ顔です。けしからんです(笑) 雨上がりに撮影した『かおりかざり…

「ご趣味は?」 「ええ、バラなんですよ」 「え?(ドン引き)」

当ブログ管理人の細君の趣味の一つにバラの栽培というのがある。最近はバラ栽培が二の次、三の次になっていてもっぱら散水などの世話をするのは世帯主になってしまった。バラの見ごろはGW頃からというが、この時節に見られるバラも悪くない。 今年は春から…

夏の終わりのバラ

雨上がりに見る朝顔も悪くない。最近、朝顔が好きになってきた。理由は分からない。 そもそも昔から植物が好きだった訳ではなく、むしろ好きではなかった。それがバラや花、野菜まで栽培するようになるなど夢にも思わなかった。 だから菜園にも景観用のクリ…