自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

バラ・花

困った時の愛犬頼り

桜の開花はまだだが、菜の花は満開のようで、アブラナ科特有のあの匂い感じる。 これだ。 黄色い花でなかなか可愛いとは思うけれど、匂いを長く嗅いでいると頭痛がしてくる。 それにしても繁殖力がすごいなぁ。 ネタがなくて困っている時には愛犬シバ犬を載…

例年桜が開花した後で定植や播種を開始しますが・・・

愛犬ロクロウと散歩する公園。 現在、野球場のフェンスの改修工事が行われていて緩衝材がつけられている。 よくあることだが、こういった公園にはソメイヨシノが植えられている。この公園も例外ではなく当然のようにソメイヨシノがあるのだが、今年は暖冬の…

なんだか毎週土曜日は天気が良くない気がするのだが

春夏専用エリアの耕耘がしたかったのにー 定期的に雨が降るサイクルがどうも土曜日に当たっているらしくって土曜日に家庭菜園的活動ができないでいる。 このことは当ブログを運営するブログ管理人にとっては非常に悩ましい問題。 なぜなら、 ネタがなくなる…

イチゴ推し

先の休日、細君が美容院に行くというので、都内まで出かけた。 出かけた理由はくだらない理由で昼ごはんを食べに行くというもの。まぁ定期券もあるし交通費はかからないからそれほど大したことでもない。 今は新型コロナの影響もあって電車の中も都内も比較…

たぶん企業秘密

ここのところ定期的に雨が降るようになった。春が近づいている証左だ。今年の冬は寒くなかったので植物たちも調子が狂っているに違いない。 植物は日長とか気温を感じ取る。 日が長くなると花芽をつけたり、気温が上がると芽を出したり。 *** 愛犬ロクロ…

バラの新芽が勢いよく芽吹いています

いい感じに勢いよく芽吹いてきた。 春のバラはキレイでいい。香りも強いからね。 冬の一年草も、後1〜2ヶ月すると終わってしまう。やっとキレイに咲き揃ってくれたのになぁ。

クリスマスローズが満開です

クリスマスローズ。 2020のオリンピックが行われた後で株分けを行う予定。さすがに大きくなりすぎた。でもオリンピックやるのかなぁ? クリスマスローズ。 早朝に撮影したのでなんだかセピア色な感じがしていて良い。 溢れたタネが発芽して幼苗になっている…

クレマチスの新芽が出てきた。例年よりもずっと早いね

クレマチスというのは多年草。 冬になると枝葉が枯れるので、枯れた茎などは取り払った方がいいのではないかと思い、バキバキ取り除こうとしていた。 ある日、それを見ていた細君が嗜めるではないか。 「ダメよ、そんなことしちゃ」 「だって枯れたものはと…

下手くそな画像を貼っていきます

コボれたタネで自然と生えてくるようになったビオラ。パンジーもいるのかな? なんかいなさそうだけれど。 ビオラはパンジーは一年草だから、やがて春を迎えるとトウが立ち、やがて枯れていく。そこで次に勢力を伸ばすのがブルースターだ。 少なくともそうい…

バラの芽がいい感じに出てきました

当ブログ管理人はいわゆる美術的な感覚というか、センスというか、いろんなことが分かっていない。 例えば写真を撮影するにも構図みたいなものがあるらしいけれど、そんなもん、御構い無しに撮影はするわ、撮影する際に見栄えが良くなる角度とかも気にしない…

これだけ暖かい日があれば雑草さんだって生えてくる

ここんところ仕事が多忙で休日は疲労回復に努めているという状況。 本来であれば先の三連休で落ち葉堆肥BOXの拡張を予定していたのだが、体力的にしんどくて延期。 こりゃいつになったら作れるのか、自分でも心配になってきた。 やれやれ、年をとるとはこう…

クリスマスローズがバンバン咲いてくれそうです

日当たり良いエリアで大株に育ったクリスマスローズ。花の色は紫色だ。 一方で、白い花のクリスマスローズも蕾を多くつけてきた。 古い葉を摘んだり、周囲の多年草を除去したりして株の充実を図ってきた。それが奏功したのだろうか、ここ最近ではもっとも多…

クリスマスローズの蕾

素焼きの鉢に植え替えたクリスマスローズに蕾がついた。先日のエントリでご紹介したのだが、そうなると元々地植えしてある株も蕾がついたのではないかと考えてチェックして見た。 これが元々の株。 大株でしょ? この株からこぼれた種が発芽して、2〜3年成長…

たまには飛び石の休みもいいものだね

実は明日から1泊の予定で関西に出張。 なんとかウィルスが心配だが仕方ない。新幹線でのんびりと行きたいところだが、出張先の場所の都合で飛行機で行くことに。飛行機って早いけれど意外と融通が利かないと感じている。 初冬に植え替えしたクリスマスローズ…

こないだラジオで「浪漫飛行」を聞くことができた。何年振りに聞いたのだろう?

iPhoneを向けるとそっぽ向く我が家のシバ犬。その名はロクロウ。コメよりもパンが好きなシバ犬である。そして彼は滅多に吠えようとしない。まるで犬であることを放棄しているかのように。 ようやく冬らしい寒さがやってきた。 なかなかあの凛とした寒さもい…

思い切って地植えしたバラの様子

これから書く内容は家庭菜園的活動になんら関係のないことである。 どうしてこんなことを書こうとしているのか自分でも理解できない。ただその時に感じたことをブログに認めるのもいいじゃないか、と思ったからかもしれない。 *** 先日電車に乗って出かけ…

バラの寒肥

先日バラの剪定を済ませたのだけれど、寒肥を施すことを失念していた。 寒肥はどんな成分がいいだろう? とか考えいたらついつい忘却の彼方へ・・・。 ま、平生使用しているリン酸ベースの骨粉がよかろうと判断し、骨粉を起き肥にしておいた。 ま、色々調べ…

ブドウの整枝後

我が家にはブドウがある。 いずれは収穫して食ってやろうと思っていたが、残念なことにまともに収穫できたことがない。 管理作業もしていないし、 摘果もしていないため、 まともな実にならないのだ。 そもそも整枝したことさえない。 気づくと芽吹き、気づ…

大切に育てれば長生きしますね

もうかれこれ7〜8年物になっているガーベラ。 ずいぶんと長生きしているなぁ。 でもね、少し花付きが悪くなりつつある。土を交換してみようかなぁ。 オキシペタラム。強い霜に当たると枯れてしまうがここまでは順調にきている。宿根草なので生命力がある。 …

ベートーベンの「第九」を聴きながらクリスマスローズについて語る

昨年末に植え替えしたクリスマスローズ。 定植後ちゃんと成長ステージに移行しているかどうか確認を続けている。 もともとの親株みたいなのはこれらだ。 これらの親株も古い葉を摘んで綺麗に整えている。結果、新葉の展開も順調でいるように見える。 こちら…

バラの剪定

もともとバラの栽培は我が細君の役割となっていた。 しかしその細君、いわゆるネグレスト状態に陥り、飼育放棄。 やれやれ、しょーがねーなー。 最近は世帯主が世話をしている。だから剪定も世帯主の役割相成った。剪定して、寒肥あげて〜、とブツブツ言いな…

凛とする空気感

農閑期のため、なかなか家庭菜園的な話題が出て来ない。 そろそろ冬休みに入ろうかな。 あと2週間もすれば年末年始休暇となるが、我が家に庭先には季節外れなのかどうかはわからないけれど、バラが咲いている。 そこそこいい型の花を咲かせるものだから撮影…

サトイモを収穫しないと、だったなぁ

すき焼きとか胡麻和え用に栽培しているシュンギク。 そろそろ収穫してしまわないと霜でやられてしまうな。 一度主枝を収穫しているので脇芽だけでこれだけ大きくなった。早く収穫してあげたい。 霜でサトイモの葉がやられた。もうこうなったら光合成など期待…

どうやら無事に活着したようです

11月に入って早々に株分けしたクリスマスローズは無事に活着した模様。 本来ならば盛夏に株分けするのを推奨されているのだが思い切ってそれに抗ってみた。生育が加速する秋に植え替えするのはよくないらしいのだけれど、逆に根の成長も活発化するのだろうと…

なかなかどうして宿根草の発芽は難しい

当ブログは家庭菜園的活動の記録を認めたものである。そして当ブログ管理人は家庭菜園活動家である。 ん? 『自称週末ファーマー』よりも『家庭菜園活動家』の方がしっくりいくなぁ。 そんな家庭菜園活動家ではあるが人並みに花木を好む。幼少の頃からの趣味…

果たして無事に活着できるのであろうか

当ブログ管理人は幼少の頃から園芸的な分野に興味があったわけではない。むしろ逆で興味なんてなかったと言った方が適切かも知れない。 (その昔の多くの男の子がそうであったように)植物よりも昆虫などの生物の方に興味があったわけで当時のことを考えると40…

ニンジンが必要となるような世界観とはどんな世界観なのか、あなたは知りたいか

ブロッコリー。 まだまだ握りこぶしよりも小さい。例年に比べると生育が遅いのかもしれない。なにせ天候が良くなかったから。 *** これは自宅のプランターで育てているニンジンだ。このサイズ感だととてもじゃないけれど五寸にはなりそうにない。プランタ…

かなり散文的なエントリだけれど

菜園の5Sを行う傍で自宅のお庭の5Sも進めていた。 長雨だったせいか、キュウリはとっくに生き絶えた。トマトも生き絶えた。残るはナスとピーマンだ。あ、大葉も健在だ。 秋冬野菜を定植する頃に全て撤去してしまおう。もう随分と堪能できたし。 *** 我が…

何気に花が美しく見えるのは6月なのかもしれない

祝日のない6月。 どうして6月に祝日がないのだろうか。 休みたけりゃ、自分で祝日を作ればいい。そう、有給(笑) でも、昨年から携わっているプロジェクトがまだ終わらないので休みたくても休めない。早く終わってほしいものだ。ほんと、ヤクザなクライアント…

自宅ではバラが見頃を迎えております

自宅ではバラが見頃をむかえた。 そもそもバラの栽培は細君の趣味であり、世帯主の趣味ではない。したがって積極的にバラの世話をするのは細君の役割と思っていたのだけれど、いつしかそれは世帯主の役割に変わってしまった。 放置プレイ! と叫んでもみても…