読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

エンバクが無事に発芽しました

今日からGWに突入。今年は9連休となっている。 初日の今日は渋谷に用事があり、家庭菜園的活動は出来ない。 本エントリは『エンバクの発芽について』だが、エンバクの発芽を確認したのが4/23である。実は4/22に様子を見たのだが、そのときには発芽している…

ダイコンの間引きに取り掛かった

例年、ダイコンの春播きは成功しない。 毎回同じ理由で失敗するのだ。そう、その理由とは【トウ立ち】だ。 「トウ立ちの遅いタイプ」とかいう品種を購入しても必ずトウが立ってしまう。これはまさしく栽培主の無能ぶりを示すものであり、タネに原因はない。 …

ニンジン、カブ、ダイコンの間引きを行いました

先の週末、菜園活動の中心は間引きであった。 ニンジン、カブ、ダイコンの間引きが出来ればその他の作業は除草くらいだった。土曜日は肌寒かったが風がなく、日曜日は快晴だったが風が強くて、結果的に土曜日に作業が出来てラッキーだった。 まずニンジンの…

じゃがいもの芽が出ました

ジャガイモの発芽を確認した。定植してから一ヶ月ということになる。日増しに地温が上がってくればすくすくと大きくなるし、葉が展開すれば光合成も盛んに行われて根部の肥大も進んでくるだろう。 多少、発芽っぷりにバラつきがあるが、こんなもんだろう。 …

案の定クリムソンクローバーが咲きはじめた

先の週末、クリムソンクローバーの開花を確認した。例年になく咲きっぷりがみすぼらしい。全くもってノー管理状態だったから仕方がない。何もかも菜園主の怠慢が原因だと考えられる。 手前に少し咲いているのが分かる。ちなみ白い花はダイコンの花だ。一昨年…

エンバクの播種は終わったけれど発芽は確認できていません

で、 エンバクの播種は先の週末に完了している。翌日から雨が降ると言っていたのでこれを利用するしかないと思ったからだ。 播種する前に耕耘機で耕耘した。かなり粗く、で構わない。 耕耘したあとで足跡をつけ、そこをめがけて播種する。かなりいい加減に播…

クリムソンクローバーのハナシ

当菜園は景観用にクリムソンクローバーを播種している。市道側だ。 市道側のクリムソンクローバーはなかば自生していて年々個体数が減少傾向となっている。だから3~4年サイクルで新しく播種することになる。 ちなみにクリムソンクローバーはHCなどで市…

セスバニアのタネは希少ですな

緑肥のハナシ。 当菜園には硬盤層が存在する。 その昔、某『現代●業』という雑誌で見かけた「ヤマカワプログラム」なるものを試したことがあった。結果的にはやり方がまずかったのか、材料が入手できなかったからか期待された効果がなかった。 で、次にチャ…

緑肥のはなし

当菜園ではエンバクを春と晩夏の2回播種する。むろん春播きは秋冬野菜専用エリアに、晩夏に播くのは春夏野菜専用エリアに、である。 緑肥の使用は粗大有機物を作り出し、土つくりに役立てるという目的が一番の目的だが、副次的な目的に「土中のセンチュウ密…

そろそろエンバクを播種しないとなぁ

当菜園では緑肥による土つくりを励行している。圃場を二分割し、春夏野菜専用エリアと秋冬野菜専用エリアとし、一方で野菜を栽培する頃、他方で緑肥を栽培するという形式を採っている。それなりの面積を有しているからできる手法ではあるが、広大な面積を1人…

ニンジンが発芽、100%一斉発芽かもしれない

当菜園の春夏野菜栽培では桜前線に合わせて播種・定植を行う。 しかも春は比較的雨が少ない傾向があるから、桜前線が多少前後にズレても降雨に合わせて播種・定植を行うことも多々ある。 ニンジンは播種後の湿潤が発芽のポイントだ。もちろん経験則。 ニンジ…

クリムソンクローバーが大きくなっています

昨日はNHKホールでN響の定期公演があったわけだが、帰宅が遅くなったためにN響の様子は後日にエントリすることにしたい。 土曜日にN響のために平日に家庭菜園的活動を済ませたのだが、土日に雨が降ることが多かったせいか、久しぶりに菜園を眺めることが…

キャベツ、レタスの定植が終わった

実は半ば強引に、しかも平日に定植を終えねばならない理由は15日の土曜日にあった。この日は待ちに待ったN響コンサートがあるため、午後から出かけることになっていたからだ。 渋谷のNHKホールだから小一時間も電車に乗れば到着できるのだが、滅多にないこ…

桜が(とっくに)咲いたので定植開始

ちゃっかり会社をさぼって休みをもらって定植作業を行った。 狙って、“その日”に休むと照準を定めていたので雨が降らないかどうかヒヤヒヤしていた。前日、前々日に降雨があったのでコンディション的には最高だとは言えなかったけれど、なんとか予定していた…

カブ、ダイコンが発芽しました

先日播種したカブとダイコンの発芽が確認できた。3/24に播種、4/2に発芽を確認したから1週間少しということになる。アブラナ科のカブ、ダイコンは順調に発芽、残るはニンジンだ。 播種後、雨が続いたから発芽すると思っている。 これはカブだ。 さすがに双…

いい色のサニーレタス

蔓バラのアーチのところにもチューリップが出ている。 最初は取り損ねた小さな球根が植わっていて年々大きくなっている感じで見ていたものだが、今年は蕾を複数付けていることが確認できた。 さすがに花は大きくないんだろうけれど、放っておいても大きくな…

ニンジン・カブ・ダイコンの播種(その2)

休憩が終わると続きの作業を始めた。播種だ。 植え穴をつくり、種子を1穴4〜5個放り込む。植え穴を塞ぐのはタネ播き用培土だ。 ニンジンは多めに播いた。 植え穴はツナ缶の底を利用している。ちょうどいい大きさだ。ここに播種し培土を被せる。 ここまで…

ニンジン・カブ・ダイコンの播種(その1)

翌日は一日中雨だというので散水の手間が省けると思い、急遽播種作業を行うことにした。ニンジン・カブ・ダイコンの播種だ。 例年播種する野菜には違いないのだけれど、春ダイコンだけはなかなかうまくいった試しがない。トウ立ちしてしまうだ。それでも性懲…

ニンジン・カブ・ダイコンの播種

今日は年度末。東京の桜はほぼ満開だ。 明日から4月か。早いものだ。 先の土曜日にニンジン・カブ・ダイコンの播種を行った。この程度の作業ならば2時間ほどで完了してしまう。畝立ててマルチを敷いて播種してネットかねて・・・。 とはいえ、久しぶりの作…

クリムソンクローバー

当菜園は市道側に景観用のクリムソンクローバーを自生させている。 ただ昨年は菜園主の怠惰によりあまりクリムソンクローバーが発芽してくれなかった。 クリムソンクローバーはマメ科の緑肥で晩夏に播種する。だから今更播種することはできない。花期が終わ…

耕耘、3回目

自宅で育てているサニーレタス。 ちゃんと大きくなっている。まだ食べられる状態ではないけれど、あと3週間ほどで食べられるようになるだろうな。楽しみだ。 こうやって野菜が大きくなっている様子を見ていると、早く播種・定植を行いたいという衝動に駆ら…

まぁまぁなサニーレタス

早くも週末。今日は、細君は会社の送別会があるらしく、夜ご飯はいらないという。 「また大宮あたりで?」 「そうなの」 「じゃ、オレも飲んでくるかな」 「それもいいんじゃない」 とかいう会話を前日にしたのだが、問題はどこで飲むか、だ。新宿? 地元? …

2017、ジャガイモの定植(覆土編)

三連休の三日目。これが終われば、次の連休はGWまで待つしかない。年度末、年度初めでわらわら忙しくなるけれど、ヒマよりはマシだろう。 本エントリはジャガイモ定植の様子。3回目の記事だ。 *** 当ブログをご覧の方々ならお分かりだと思うけれど、ジャ…

2017、ジャガイモの定植(溝きり、置き肥編)

三連休中日。3日休みがあると初日、二日目と無茶できるからいい。体力の回復は三日目にすればよいのだから。それにセンバツも始まっている。暇つぶしには困らない。 早めにジャガイモ関連のエントリを終わりにしたいと思ったのだが、思った以上に長いエント…

2017、ジャガイモの定植(タネイモ切断編)

本日は餃子を食べに行く日なのだがジャガイモの定植についてエントリする。昨夜、細君に 「明日は10時前の電車に乗るから、それに間に合うように準備しておくように」 と厳命した。彼女は食い気よりも眠気、睡眠欲という属性を持っているから厳命しておかな…

サニーレタス、定植

(最近、「実は、」ということが多いなと自戒している) 実は、先日、菜園の二回目の耕耘を行った日、ジョイフル本田でサニーレタスの苗を購入していた。数は8株。当然に菜園に定植するのではなく、自宅の庭先でプランター栽培するために購入したものだ。 …

酸度はほどほどでしたよ

我が家でのもっぱらの話題はどういうわけか「しらす」だ。 唐突に我が家の細君が「しらす丼が食べたい」とのたもうた。しらす丼というと鎌倉あたりが手ごろな場所であるけれど、鎌倉にも行ってみたいと思ったので 「いいけど、いつ行く?」と訊いてみた。 「…

2017年、春夏野菜専用エリア、耕耘2回目

先の土日で春夏野菜専用エリアの2回目の耕耘を行った。耕耘機を使用してガラガラとやっただけで特筆すべきことは何もない。 ジャガイモはどこに定植しようかなとかニンジンは市道側かなとか思いながら耕耘していたのだが、ふと、気になった。 それは何かと…

男爵のタネイモってこんなに安価だったっけ?

男爵イモのタネイモを買った。 1kgだが、こんなに安かったっけ?と思った。 いつものごとく、ジョイフル本田というHCに行ったのだが、3月上旬だというのに葉物野菜の苗が売られていた。 HC側の販売戦略を理解していない人々は先を競うように購入していた…

暖かくなると食欲が増すカブトムシの幼虫

実はまた宇都宮に行って餃子を食べようと企図している。なるべくならたくさん食べたいと思っているのだが、胃袋がそんなに大きくないので「食べ歩き」するよりは、また「来らっせ」というフードコートで食べることになりそうだと細君と話をしていた。 先日宇…

収穫されずに放置されていたサトイモを収穫。結構取れました

昨年春、サニーレタス、カブ、玉レタスなどを栽培した後で、スイカやトウモロコシ、エダマメを栽培し始めた。オクラも栽培したが、超多忙だったために菜園活動を放棄してしまった。 本来であれば、今年も家庭菜園的活動を行う時間的余裕はなさそうなのだが、…

土の様子

当菜園は緑肥による土作りを励行している。詳しくいうと、野菜を栽培していない時期に緑肥を栽培し、その粗大有機物を土に鋤き込むことによって腐熟させ、いわゆる腐植を形成することで微生物を活性させようという農法である。だから人一倍、土の状態に敏感…

一回目の耕耘はだいたい15センチくらいの深さです

土曜日の昼過ぎに耕耘機を持ち出して一回目の耕耘を行った。 これは秋冬野菜専用エリア。砂質傾向があり、保水性が若干悪いエリアだ。だから梅雨時期などは水はけがよいので雨が降ってもフツーに圃場にいけるのがメリットだ。反面、保水性が悪いためか肥持ち…

耕耘、一回目

先の土日は風も穏やかでいい気候であった。 こういう日には農作業をするに限るのだが、朝からいろいろと雑用があって一日中野良仕事というわけにはいかなかった。 用事を済ませ、晴れて自由のみになれたのでさっそく 耕耘機を菜園に持ち出した。そう、今シー…

春夏野菜

2月も下旬。太陽の光がだんだんと力強くなってきたように思える。夜明けも早くなってきたし、日の入りも遅くなってきた。空気はまだ冷たく、北風ピューピューの日が多いけれど着実に春に近づきつつあると思うと気持ちも明るくなってくる。 時期的にはジャガ…

当菜園のイメージ図

2月も中旬に突入する。そろそろ菜園の作付計画などを考えなくてはならない。荒れ果てた菜園は少しずつ整理できているのでいつでも耕耘機による作業が可能な状態になっている。まず最初に行うべきは耕耘機を走らせることだろう。 一番最初に着手できるのは何…

寒さ本番。都内も寒い

今週は稼動が4日しかない。 休みが連続したから全く仕事する気がしないのは自分だけだろうか? 今日を乗り切れば週末だ。寒さが厳しくなっているけれど、真冬なんだから仕方がない。寒いのがイヤなら南国に移住するしかない。 先日、細君と冬物のコートを探…

当菜園の緑肥

昨年は菜園に通ずる農道が舗装工事を行うというので家庭菜園的活動の指導が遅れた。結局現在もアスファルトは敷かれずという体たらくで地方都市の予算の少なさを垣間見た気がした。 今年になって、というよりも正確には年末ごろからだが、再び舗装工事が始ま…

セスバニア

この画像をよく見ると、枯れた枝や幹みたいなものが見て取れると思う。 実はこれはセスバニアと呼ばれる緑肥が枯れ果てたものだ。 当菜園は緑肥による土作りを積極的に行っているが、その多くはイネ科のエン麦だったりソルゴーだったり、またはマメ科のクリ…

圃場の雑草残渣を焼きました

日曜日の午後から雨が降り出した。雨は月曜日の昼過ぎまで降っていたが、その後は青空が見え、晴れが戻ってきた。 実は午後から雨が降り出し、次の日が休みというタイミングを計っていたのだが、とうとうその日がやってきた。 今シーズン初めての家庭菜園的…

ダイコン抜きのおでんはアリか?

通常であれば12月にもなればキャベツの収穫が始まる頃だ。サニーレタスから始まってカブ、玉レタス、葉物、そしてキャベツ。ダイコンも収穫できる頃だろうか。残念ながら今年に限ってはこの時期に収穫できるものは何もない。早生であればハクサイも収穫にい…

この冬、土作りが必要かも

12月だ。 この2016年については、ほとんど家庭菜園的活動をすることが適わなかった。こんな年はなかなかないこと。ほとんど唯一といっていいほどの趣味が出来なかったことに忸怩たる思いがする。 自分の中での巨大プロジェクトが終了すれば、家庭菜園活動家…

生き残ったサトイモをちょっとだけ収穫

画像は今年、平成28年7月18日に撮影されたサトイモだ。このように当菜園では初夏まではフツーに家庭菜園的活動が営まれていた。 しかしながら諸事情があって春夏野菜の収穫、具体的にはエダマメ、トウモロコシ、スイカ、オクラの収穫が出来ず、さらに秋冬野…

落ち葉堆肥BOX

当菜園には堆肥を内製している、何の変哲もない箱が設置されている。 その箱は放り込む資材別に区別されていて、イネワラだったり落ち葉だったり収穫残渣だったり、それぞれに専用の箱が設けられている。 当菜園は450平米あり、その面積を二分割して春夏野菜…

後悔のないようにチャレンジすることは疲れること

だいぶ早いけれど2016年を1ヶ月以上残した状態で振り返ってみる。 自分は生きてきた中で自分の努力によって何かを成し遂げたことが何もない、ということに気づいた1月。齢不惑を超えて、いよいよアラフィフを目前にした中年男が何も成し遂げていないことに…

適法に野焼きする

さて週末でございます。 現在は真っ暗なので周囲の様子が分からない。もう少しすると東の空が白んでくる頃ではないかと思う。 昨日は雨降りで、圃場の様子が気になる。というのは雑草残渣を焼却しようと思っているから。法律的には野焼きは禁止されているの…

当ブログは備忘録

仕事の話で恐縮ですが、今週は残された2016年の中で最も忙しい週だ。しかも11/7〜11/8にかけては帰れない、という労働基準法違反の勤務となる。電○よろしく、いや、それ以上働かされることになる。ヒドい話だ。 11/8がピークで、11/9が終われば抜け殻になれ…

この秋、タマネギ栽培を断念

菜園の準備が進まず、やむなくタマネギ栽培を断念することにした。雑草の後始末ができていないし、土日含めた休日は他にやることが多々あってなかなか農作業に時間を費やすことができなくなったことが理由だ。 もちろん野焼きは禁止されているのだが、あんだ…

刈り払い、後日譚

昨日のエントリで雑草さんをなぎ倒したことを報告した。フツーならこの後に耕耘機を走らせて圃場をきれいにする、なんというストーリーを期待したのだが、雑草さんが多すぎて断念した。 それに夏野菜の資材を放置しているため、片付けをしなくてはならない。…

ボリュームある雑草さんを刈り払うのに苦戦

例年なら本日、11/3はタマネギ苗の定植日としている日だ。しかしながら今年は定植が少し遅れそうだ。なぜなら圃場の整理が間に合っていないからだ。 先の週末、生い茂る雑草を刈払機でなぎ倒したのだが、ボリュームがすごくて耕耘機を入れられる状態でないこ…