自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

菜園

自宅で栽培していたキュウリを撤去しました

大事に大事に育ててきたキュウリですが、撤去いたしました。 7月中旬になると不恰好なキュウリがなり始めましたので何回かに分けて追肥を施してきました。それでも草勢は回復せず、徐々に葉が枯れてきてしまいました。そのタイミングで梅雨明けしたものです…

草刈機の後で、ラウンドアップを散布しています

生育が順調なサトイモですが、周囲の除草を行なっています。間違っても刻まないように気をつけながらです。 本来であれば追肥・土寄せというパターンで管理作業を行うのですが、生育が良いため追肥は一旦ペンディングしたいと思っています。耕耘機を走らせて…

耕耘機を走らせる準備ができました

そういえば三連休だったことを忘れていました。 所用があって8/7に有給を取得したので実際には四連休。この連休に耕耘機を走らせる予定にしています。雨が多かったので、土の中には酸素が少ない状態だと思います。、耕耘して地中に酸素を供給してやることで…

完全に収穫適期を逃し、再びチャンスを与えられることなく終了してしまったスイカ

(当エントリはいきなり本題に入る)あらかじめカボチャやスイカの場所を確認しておいたにも関わらず、カボチャには傷をつけるし腐ったスイカを踏んづけるしで草刈りそのものは難航しました。 見てください、この草量。コレ全部雑草さんですよ。エンバクのよ…

ただ日焼けした腕とか首が痛くて痛くて、ね

ブログの題名と内容が不一致です。 8/4の記事から不一致が続いています。理由は得意にないのです。題名を考えるのが苦手だからでしょうか。 「!”#したどー」 とか 「$%&取ったどー」 とかなら単純で良いのですが、どうしても散文的な内容が多いのでご容…

だから家庭菜園的活動終了後に入念にストレッチをしたところ、こむら返りは起きなかった

梅雨明け発表があったのは8月1日。 その前日の夜に夕立みたいな雨が降ったので、梅雨明け発表記念家庭菜園的活動祭りを行うことができなかったのだが、その翌日にはしっかりと晴れてくれたので久しぶりに菜園に赴くことができた。 どうせ除草がマストですけ…

だいたい全力で家庭菜園的活動を行った日の夜に、左足が攣るんだよなぁ

先日書いたニラの続報。 トウが立ってしまったので刈り込む必要があると思い、さっぱりやってしまった。 ニラは、種子の表皮こそ硬く見えるのだけれど、萌芽力がたくましくてボーボー生える。しかも史上最強の除草剤であるラウンドアップを散布してもなかな…

挿し木で育てていたミニトマト、ついに収穫か?

外ではニイニイゼミが鳴いています。 こんな夏でもセミは健気に現れては鳴き始めるのですね。アブラゼミも鳴き始めました。7月にはツクツクホウシまで鳴いていましたし。 午前4時にはヒグラシまで鳴いています。 え? なぜ分かるかって? 午前4時に起きて…

雨デスねー

例年ですと、「暑いですね」とか「とろける」とかなんとかで書き出すエントリが多いのですが今年は「雨ですねー」という出だし。 雨ですねー。 一体いつになったら梅雨が開けてくれるのでしょうか。おかげで玄関アプローチが滑りやすくて困る。雨季かっ、っ…

湿度が高いとヤブ蚊が暗躍しますね

例年であれば今頃は夏休み。 あ、世間一般の小学生や中学生、高校生などの若者の話ね。当ブログ管理人にもそんな時代があったし、読者の皆さんにも等しくそういう時代があった。 終業式が終わって2〜3日後の、クソ暑い夏休みがいい。 忖度のない自由な空間の…

最近は常備野菜を作るのにハマっています

家庭菜園的活動を行うことのメリットは、自分の欲しいものを欲しい分だけ栽培/収穫できることだと理解している。ここで重要なことは「必要ない分だけ」。多くは必要ないけれど、少量欲しいという瞬間は多々あるのではないだろうか。 特に料理を趣味としてい…

犬を多頭飼いしている人あるあるだが、自分以外の餌を食べてしまう犬の動画ってよく見ますよね

昨年同様に今年もなかなか梅雨が明けない。 雨ばかりで家庭菜園的活動ができないのは相当なストレス。メリハリのある梅雨を期待したけれどなかなかそうやすやすと人間様の思惑に載ってくれないのが自然というものだ。 晴れ間があれば、やることは除草。 ヤブ…

雨が大好きな安納芋

一般にサツマイモという野菜(この時点でサツマイモが「野菜」だと認識している人は少ないのでは?)のイメージは、焼き芋とか天ぷらとかスイーツに使われるとか大学芋とかいうものが大半だろうと思う。 それに小・中学生の時分、社会科の授業で、江戸時代には…

カボチャとサトイモ

今シーズン、ジャガイモは死亡、スイカは収穫してみたものの、登熟していないものを収穫してしまい、ポンコツっぷりが露呈してしまいました。 なんかもっとマシな話題はないのかなと思い、周囲を見渡すと、サトイモがあるじゃないですか。 今シーズン、立派…

今シーズン初めてスイカを収穫してみたけれど

当菜園では、今シーズン、スイカを2品種栽培しています。 一つは黄色の小玉スイカ。いまひとつは赤色した大玉のスイカです。 着果を確認し、カラス除けを施し、そろそろ40日程度が経過しようとするのでそろそろ収穫できるだろうなと思っていました。 除草し…

なんだか毎週除草しているような気がする、2020年梅雨末期

はてなって過去記事をプレイバックしてくれる、ありがたくない機能があるじゃないですか。あれによれば一年前もこの時期に除草していたらしいです。そう思うと、 なんだ、今年だけじゃないじゃん、 と少しだけ明るくなります。でも雨が止んだタイミングに草…

史上最悪で収量が少なかった、とほほなジャガイモ

本エントリは7/21に書いていますが、この時点ではまだ関東地方では梅雨明けの発表はないです。外を見ると曇り空だし、先ほどまで雨が降っていたです。 4連休で梅雨明けして欲しかったなぁ、 という願いは見事に却下されたようです。昨日や一昨日には奇跡的…

挿し木したミニトマトの行方

相変わらずですが、夏野菜の収穫が続いています。キュウリもバンバン収穫できていますしナスもちょうどいいタイミングで収穫できています。ミニトマトも、雨が多いながらも大ぶりの実を付けてくれています。 エダマメも自宅での収穫が終了しておりまして、莢…

この時期はイネ科雑草がすごいですが、なかなか処理が追いつきません

そういえば今週は、もはや意味のない連休が待っています。 梅雨明けてくれるかなぁ。雨つづきの4連休ほど面白くない連休はないですからね。このタイミングで梅雨明けしてくれると最高ですよねぇ。 とはいえ、今年も昨年同様に関東地方は梅雨らしい天候に恵…

エダマメを収穫し、すぐに食してみると味が濃くて驚いた

エダマメが収穫時期を迎えたので収穫して食してみた、というお話。 先日、菜園の除草を行なった際に菜園のエダマメの様子を観察しました。 少し「密」にしすぎたかなと反省していますが、例年通りの成長具合を見せてくれました。早速、莢を確認してみたとこ…

百戦錬磨の農家さんが育てない安納芋と順調なサトイモの様子

当ブログ管理人が住まう地域は田園地帯が広がる、いわゆる「田舎」と呼ばれる地方都市の「ハズレ」である。 なにせ最寄りのバス停まで徒歩で25〜30分かかるし、 最寄りの駅まで歩いて行こうものなら60分はかかる。しかもその私鉄は日中には1時間に3本しか電…

雨上がり、ぬかるんだ地面に苦戦しながらも刈り払い機で除草

この時期は雨が降ろうが槍が降ろうが雑草さんが生えに生えまくる時期。 だから 「来週でいいや」 とか 「今日じゃなくていいや」 とか思って先延ばしにすると後悔することになる。何年か前の自分だ。思い立って菜園に行った時、雑草さんに支配されてしまった…

そろそろエダマメじゃね?

最近はちょいちょい都内に出ることがあります。ラッシュ時を避けているので人が多いなぁという印象はないのですが、それでも新規感染者数が落ち着かない中で都内に出ることになりますのでね、神経使います。 もっとも、冬場に風邪ひかないように留意する、程…

果菜類を育てていると家庭菜園やっているなぁとか思えます

トウモロコシは別ですが、夏野菜の多くは収穫が長く続きますよね。旬のものが食べられる喜び、そして美味しさ。購入した野菜とは比較にならないような。 もっともしばらく食べ続けていると飽きてきてしまうのも事実ですが、それでも欲しい時に収穫できる(こ…

春夏位野菜専用エリアの様子をダイジェスト感覚でどうぞ

現在、春夏野菜専用エリアで育つ野菜は、 かぼちゃ、スイカ、サトイモ、ジャガイモ、エダマメ、オクラ、の計6品種。 家庭菜園的な菜園では、ナスやらキュウリやらトマトやらトウモロコシやらが賑やかに植えられているイメージを持たれるだろうが、当菜園では…

梅雨真っ只中の収穫物/第二次収穫祭

キュウリが3本。 表面にナメクジが這いつくばった跡があるが気にしない。 キュウリは味噌をつけて食べた。 黒光りするナスは、もう少しすると次が収穫できそうなので冷蔵庫でしばらく保管。でもナスって冷蔵庫で保管するものなのか、よく分からない。今回も…

スイカにネットをかけました

例年、カラスに襲撃を受けたのを確認してカラス対策を施すという流れになっています。作業が後手なんですよね。だからいくつか着果したスイカはカラスの被害に遭ってダメにしてしまうのが通例となっています。 それでも、あ、それでもというのはカラス除けが…

サトイモに土寄せしつつ、過保護気味に育てたタマネギを収穫した

2019-2020シーズンのタマネギは総数150本の苗を用意したのですが、結果的には30%程度の収量にとどまりました。 125本は、防寒対策を施し、マルチ/霜よけネット仕様で栽培。過保護気味に育てました。以降、「過保護」と呼びますね。 一方、残った25本は余り…

全然色映えしない第一次収穫祭

梅雨の中休み的な気候も悪くないですね。 というのは前線の北側に日本列島が位置した場合には比較的過ごしやすい晴れになるからです。この日もそんな感じの気候で、真夏日にはなるだろうけれど幾分湿度が低めで気持ちの良い早朝でした。 あまり管理が上手で…

タコみたいなカボチャと安納芋

当ブログ管理人が飼育する扶養家族のシバイヌ六郎は雨が降ると散歩に行かないのです。行かないのはいいとしても、動物としての生理現象があるわけで、その処理だけは外でしてもらいたいと考えていますから、飼い主とシバイヌのささやかなバトルが始まるわけ…