自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

ハクサイうまそー

何年か前の11月に、ハクサイを切ろうとして自分の左手の薬指を切断、切ったことがあった。幸いにも指はつながっていたがかなり深くまで刻んで、切ってしまったので、今でもその指は曲がったままだ。 指を切ってから5日後くらいに病院に行ったら 「どうして…

なかなか順調なダイコン。根部肥大化確認

現在の秋冬専用畑の様子。 ところどころ雑草さんが見られ、もうそろそろしたら除草かたがた耕耘機を出さないといけないと教えてくれている。 周期的な降雨はうれしいのだけれど、圃場がぬかるんでいるとなかなか耕耘機を出せないから除草のタイミングも難し…

間引きし損ねたニンジンとカブ、シュンギク。今年は土日に雨が多いから

先の土日も雨降りだった。まだ土曜日の方が雨が止んでいる時間はあったのだけれど、あいにく土曜日は都内に用事があったもんだから菜園に赴くこと適わず、だった。 もっとも今シーズンの家庭菜園的活動は言い訳がましいことばかり言うのだが、なかなか時間が…

田んぼにザリガニ

先日、愛犬の散歩中、 刈り取りが終わった田んぼの中にザリガニが潜んでいるのを発見した。 ザリガニは冬眠するんだろうけれど、こんな目立つところにいるとカラスに食べられてしまう。 寒暖差が激しかったから外に出たものの、「げ、寒っ」ってなったようで…

ダイコンの間引きが終わりました。少し時機が遅かったかも

ダイコンの間引きが完了した。 畝左側が早生種、右側が中生種だ。銘柄は覚えていない。 ダイコンは、今年は1畝しか栽培していないがこれだけで充分だ。例年、余らしてしまうから。 間引きのタイミングは完全に遅かった。間引いた株の根部もそこそこ肥大化し…

そういえばブロッコリーとカリフラワー(略して「ブロカリ」)

最近あまり話題にあがらないブロカリ。 ブロカリの畝も除草したし、追肥もしたし、土寄せもした。 例年に比べればブロカリの成長速度が遅いような気がする(気のせいかな?)。マルチをしないと除草がめんどくさいけれど、追肥はラク。マルチをめくる必要も…

害虫による食害が目立つようになったキャベツ

今シーズンは、キャベツを2種類栽培している。『初秋』『彩音』という品種だ。そのいずれもが害虫による食害を受けている。 そりゃそうだ。だって例年だと虫除けネットをかけているのに今年は何もしていないのだから。 ハクサイの畝に定植されているキャベ…

苗から育てるハクサイ

例年だと苗から栽培するハクサイは定植時に根を傷めてしまい、活着せず、いくつかの株が欠株すること、しばしば。 だが、今年は、定植したすべての苗が順調に成長してくれている。感謝だ。 画像で右側に見えるのが苗を定植したもの。左にこっそり見える、薄…

ハクサイの間引き、追肥、農薬散布

当菜園ではハクサイを2畝で栽培している。 ひとつは苗を購入し、定植したもの。 今ひとつは種から栽培するもの、だ。 ハクサイは直根性なので定植時に根を傷めると活着しない。だからリスク管理の意味合いを込めて定植での栽培と播種からの栽培の2畝運用を…

「そば」の花は牛ふん堆肥のような香りがしますよね?

緑肥用なのか本物なのか分からないけれど、蕎麦の花が満開になっている。この辺の地域ではうどん粉になる小麦を栽培したり蕎麦の原料になるそばを栽培したり畑作が盛んだ。 ま、 それはそうと、蕎麦の花は牛ふん堆肥のような香りがするのをご存知だろうか? …

ナスを撤去、サトイモが待ち遠しい2017年秋

キレイになった秋冬エリアの様子。この日は日差しもきつかったのだが、空気が乾燥していたし、雲も出てきていたので過ごしやすく、かつ活動しやすい天候だった。午前中の外出から帰宅するとそのまま菜園に直行し、活動を行った次第。 この日は、 ①除草 ②追肥…

やっとこ、家庭菜園的活動が出来ました

これは現在の春夏野菜専用エリアのエンバクの様子だ。播種1ヶ月の様子だが、まぁまぁな感じで成長している。今年の秋はそれなりに雨が多く、残暑がないから赤錆病も出ないし、生育は順調だといえる。 このエンバクは農薬など散布しないから愛犬ロクロウに食…

三連休中日だけれど、ちょっぴり忙しく

10月の三連休は気候もよく行楽には絶好のコンディション。しかしながら週末ファーマーを自称する当ブログ管理人はしゃかしゃか多忙に生活している。 それでは家庭菜園的活動を行っているのか? と問われると、「否」である。 こう見えてもなかなか予定がぎっ…

自宅のレタス類も順調だ

菜園だけでなく自宅でも野菜栽培をすることにはいくつかのメリットが存在する。もっとも菜園が展開できるほどの庭を所有している豪族、いや地主殿は別だろうが、当ブログ管理人のような一庶民にはそんな広い庭など持てない。 自宅で野菜栽培することのメリッ…

実はあまり発芽率がよろしくなかったニンジンとかその他

撮影の角度とかまったく気にせずに撮影。 あ、これはニンジン。様子を見るとかなりバラツキが見られる。これじゃ、一斉発芽したとは言えない。前言撤回だ。 じっくりと観察したわけではないのにこの程度だということはニンジンの播種そのものがうまくいかな…

ダイコンは優等生的な育ち方をしています

次の週末は三連休。 晴れの特異日でもあるから晴れて欲しいのだけれど、なかなか家庭菜園活動に時間を割けそうにもない。こう見えてもなかなか忙しいのだ(笑) せめて間引きと除草だけでも・・・、そうそう、農薬散布もしたい。イモムシ駆除もしたい。誰か…

ブロッコリーとカリフラワーもアブラナ科だけれど害虫さんが見当たらないのはどうして?

これはブロッコリーとカリフラワーとレタスとハクサイの畝。実はこのハクサイも播種したものだが、不思議と害虫さんが見当たらない。ブロッコリーさんにもカリフラワーさんにも害虫さんが見つからない。 「世の中不思議なことはないのだよ」 と京極堂が言っ…

ハクサイのみならずキャベツにも

10月に入った。いわゆる下期。あと何十回も寝れば年末になる。早いものだ。それだけ年を重ねたわけだが、害虫さんに野菜を食われるくらいだからまだまだ経験値が少ないと言わざるを得ない。 先日はハクサイの惨状を紹介した。 本エントリはキャベツの惨状に…

そりゃ何も防除しなければ害虫さんくらい来ますよ

実は播種定植以来、本格的な家庭菜園的活動が出来ていない。 やる意思はあるのだけれど、雨が降って出来なかったり、前日までに降って圃場がぬかるんでいて出来なかったりして除草はおろか間引きさえ出来ていない。 やれやれ、気象条件には無力なものの、こ…

成長点を守りましょう

外ではまだアブラゼミの声を聞くことが出来る。もうだいぶ朝晩は寒くなってきた。蝉たちはどうやって暖をとっているのだろう? ちゃんと世代交替が出来ているのだろうか? 現在のカリフラワー、ブロッコリー、ハクサイ、レタスの様子。植え穴が余ったのでハ…

間引きを待つ野菜たち。早く間引きしたい菜園主

実は近隣の百戦錬磨の農家さんに、秋冬野菜を防虫ネットを被覆して栽培している方は少ない。多くの方がネットをかけないで栽培している。ちゃんと時期が来れば収穫しているし、適期に播種定植している。むろん農薬さんのお世話になっているからこそだが、今…

野菜も緑肥も順調ですね

いわゆる上半期の終わりが近いので忙しい方も多いと思われる。ご多分に漏れず当菜園主も該当するのだが、一刻も早くこき使われない立場になりたいと思うのだがいつまでたっても適わない。 おかげで土曜日の明日も出勤。世の中間違っとる(笑) 昨年と同様に…

プラウ耕

今シーズンは忙しさと体力のなさにかまけてマルチや虫除けネットをかけずに栽培している。その代わり農薬を散布しながら害虫対策を行っているわけだが、今のところ害虫の被害は見られない。農薬さまさまだ。 早朝、菜園に訪れてみた。 夏にお礼を言っている…

雨が多いのはよいのだけれど、降ってほしいタイミングというものがあるんだけれど

先の金曜日午後から土曜日のお昼頃にかけて結構大量な雨が降った。おかげで日曜日に予定していた間引きが出来なかったくらい。雨が降れば降ったで間引きは出来ないし、降らなければ降らないで育ちが悪いとかいう。これだから人間ってのは身勝手甚だしい。 雨…

台風一過、空色は秋、稲刈りはすぐそこに

台風一過の空。 水田との対比がよい。 空色はもう秋だ。 このへんの地域の稲刈りは10月の三連休あたりがピーク。 稲刈りが終わるとあっという間に冬が来るような気がする。 最近はヒガンバナが減った気がする。昔はもっと咲いていた気がした。

堆肥作りも楽しいですよ?

当菜園には堆肥を内製するエリアを設けている。 ①自然の落葉樹の落ち葉を集め、落ち葉を放り込んで堆肥化させているエリア ②イネワラをただただ放置して堆肥化させているエリア ③モミガラを(これも)放置して、残渣処理させるとともに堆肥化させているエリ…

皆さんはキャベツとブロッコリーの苗の区別がつきますか?

当菜園では積極的に肥料を散布したり散水することをしていない。緑肥による土作りで微生物の活性化を、自然の降雨を期待、ということでなるべくなら自然に近い形で栽培することで他栽培家と差別化し、高付加価値化による高価格戦略を目指しているからだ。 ※…

ハクサイは播種から育てた方がいいですよ(たぶん)

何年か前、ハクサイ栽培に苗を定植する方法に加えて播種して栽培してみることにチャレンジするようになった。ハクサイ苗がなかなか活着せずに枯れてしまう株がでてしまい、なんとも情けなく思っていたのだ。苗がダメならタネじゃね?とか思いながら播種する…

間引きを待つ野菜たち

そろそろ間引きした方がいいな、と思っていたら台風と前線による降雨。間引きも雨が降る前日が理想だということで次の週末に先延ばしにしている。 間引きの対象になっているのは、 ピンぼけ全開のシュンギク。やはりところどころ発芽にバラツキが見られた。…

植物に話しかけると意外と言うことを聞いてくれます

今年はエン麦にとっていい条件なのか春夏野菜専用エリアで育つエン麦の成育ぶりがよい。播種後2週間で草丈が15センチになっている。適度な雨が多いことと、残暑がないことが要因だろうと推測してる。 先の週末の台風とこれから降ると予想されている雨によっ…