自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

バラの世話をしたり、ボカシを作ったり、・・・

f:id:sk6960:20140814092409j:plain

今年の夏はあまり暑い日が続いていない。年齢を重ねて来たせいかいわゆる猛暑が続くと多少しんどくなってきたものの、夏大好き人間としては夏が暑くないのは少しだけ寂しい。

今はいわゆる夏季休暇中。甲子園三昧、といきたいところだが生来の貧乏性ゆえ何かしていないともったいない気がしてならない。

ということで自宅のバラの世話をしたり愛犬と遊んだり*1、ボカシを作ったり読書したりして過ごす。残念ながらビールをプール一杯分飲むことは出来ない(笑*2

 

当菜園ではあまり化成肥料は使わない。使わない理由は次の三つだ。

①高価  ②土に良くない  ③使いすぎると肥料分が残留する可能性がある

 

「使うこともある」理由は次だ。

①トウモロコシのように肥料分の吸収力が強い場合

②ハクサイのようにちびちび肥料を効かせないと結球しない場合

元肥の肥料設計が思惑通り行かなかった場合

 

化成肥料はサプリメントという認識があるから何も全否定しているわけではないし、有機栽培信奉者でもないから使用しなければならない必然性があるときは使用することにしている。出来れば使わないで済むようにしたいと思っているから「ボカシ」を内製することとなる。

 

最近のボカシは「EM菌」を使用して作成している。

f:id:sk6960:20140814094523j:plain

これに糖蜜を混ぜ込んで種菌にしている。夏場は三週間〜1ヶ月くらいで完成するものだから、今仕込んでおけば秋冬野菜栽培で必要になるときに十分に間に合ってくれる。

完成したボカシはとてもフルーティな香りがするし、乾燥させれば長期保存も出来る。

 

とまぁ、時間があるときにこのような地味な作業を行うようにしている。

それはそれで結構楽しい時間を過ごすことになるのだが*3

 

*1:愛犬は眠いから迷惑そうにしている

*2:村上春樹の小説を読んだことがあればクスッと笑うところ

*3:晴れていようと雨が降っていようと作業が出来るのが嬉しい