自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

田んぼのある風景

毎朝の愛犬との散歩コースは農道だ。

愛犬はあまり散歩が好きではないのでチンタラチンタラ歩く。世間の犬よろしくてくてく進むなどということは一切ない。本当にお散歩なのだ。

そんな愛犬も5歳を迎えた。5歳というのは人間で言えば30過ぎなのかな、などと考えつつ散歩に付き合っていると、彼も立ち止まり何やら考え事をしているようだ。

あと何年愛犬と散歩出来るのだろうか、などと考えつつ愛犬を見る。彼は遠くを見つめているようだ。

いつも思う。遠くを見て何を考えているのだろうか、と。

だからいつも彼に訊ねる。「ロクロウは何を見ているんだい?」と。

そうするとだいたいは無視される。

 

f:id:sk6960:20140823151822j:plain

朝だから気持ちよい風が吹く。

「今日も暑くなりそうだな」などと呟くと愛犬は自宅に引き上げようとする。

おいおい、まだ10分も歩いていないじゃないか。

どうも愛犬にはマーキングとかそういう習性はないらしい。生理現象よろしく、しー、しー、しーとしたら満足するようだ。

 

田んぼのイネも穂が出て来た。

スズメが集団でイネに襲いかかっている。スズメの学校で運動会をしているのだろうか? あんまりちゅーちゅーするとコメにならないじゃないか、と思いながら愛犬の後を追いかける。

 

自宅に着くや否や彼は部屋に戻っていく。どうやら外よりも部屋の中の方が好きらしい。結構。どうせ室内犬なのだ。

そういえば、先日注文しておいたセスバ二アが届いていたな。

 

f:id:sk6960:20140823152222j:plain

f:id:sk6960:20140823152236j:plain

来年、出番が来るまで桐の箱に入って箱入り娘になっていてもらおう。