自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

秋冬野菜の播種定植を開始しました

8月最終週の一週間はずっと天気予報とにらめっこだった。朝晩に雨が降り、最後の耕耘を済ませないと播種定植が出来ない。雨が降り、圃場が水分過多になれば耕耘はできないからずっと気にしていた。

 

【仮定①】雨のせいで耕耘出来ない

・播種定植が一週間ずれ込んで9月第一週に集中的にやる

・苗を入手して、耕耘して、マルチ敷いて、播種定植して、ネットかけて、となる

・時間的に難しいのと、9月一週目が晴れるとは限らない

【仮定②】強行する

・播種定植を分割出来る

・時間的に余裕ができるのと、例年通りの日程で播種定植が出来る

・圃場の様子に縛られる

 

スケジュール的に秋冬野菜は播種定植時期をずらすことは難しい。なぜなら収穫に至らないまま冬を迎えることになるからだ。だから正直言うと圃場の様子次第では強行したい。しかも土日はあまり天気がよくないときたもんだ。

 

***

先日の土曜日の朝、菜園に出向いた。

するとあまり圃場は水分を含んでいないことが分かった。いや、むしろちょうどいい塩梅かもしれない。これはチャンスだと思った菜園主は苗を調達後、耕耘播種定植を行うこととした。日曜日も天気がよくないかもしれない。だから出来るときに進めておくのがいい。

そう決断した菜園主は、

ブロッコリーとカリフラワー

②キャベツ(早生種と中生種)

③ハクサイ(早生種)

④結球レタスとサニーレタス

の苗を調達するため、車を走らせた。

空を見れば晴れ間が出て来た。

「ふむ、日頃の行いがよいからに違いない」とポジティヴに考えてみる。

 

そして最後の耕耘④を実施した。

f:id:sk6960:20140831143743j:plain

このように圃場の状態は良いように見える。

ふむ、天は私に味方したのだ。

 

続く(笑)