自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

埼玉県を褒めてみよう

本日は埼玉県民の日。埼玉県民がこぞってミッキーマウス的テーマパークに挙って出かける日となっている。埼玉県民の日によって休みが得られる人々は今日から三連休ということになるのだが、いっそのこと、埼玉県民全員を休みにしてもらいたい。埼玉に住む人、埼玉県内に通学勤務している人、埼玉県の自治体に住民税等を払っている人、みんな休みにしてもらいたいね。そうすれば埼玉県民の日は重宝されることになろうから(笑)

でも、埼玉県民の日だから何かしたとかどっか行ったという記憶がない。小学校に通っていた頃はともかく、中高生の頃は部活やら勉強やらしていただろうし、大学生になってしまうと関係ない。社会に出てしまうとまったく存在すら忘れる。埼玉県庁などの公務員は休みなのかな?

 

***

ここのところ朝晩はめっきり冷え込むようになった。それもそのはずでもう11月も半ばだ。当菜園はタマネギの定植を終えているのでほとんど菜園での作業はない。ほとんどの野菜で収穫が始まり、育ってくれた野菜に感謝しながら野菜を頂いている。そんな中で未だに収穫に至っていない野菜がある。

これだ。

f:id:sk6960:20141109151413j:plain

f:id:sk6960:20141109151504j:plain

そう、キャベツだ。今シーズンは早生種を定植していないのでまだ収穫には至っていない。品種は「新藍」と「彩音」だが、収穫まであと1〜2週間といったところかな? 早生種のハクサイ①とダイコン①は収穫が始まっている一方で、播種して育てているハクサイ②と「冬しぐれ」というダイコン②、ニンジンがまだ収穫出来ていない。見事に収穫時期がずれていてくれるから一冬中野菜には苦労しないで済みそうだ。ありがたいことだね。

 

***

よく通っている本屋さんには埼玉県に関する蘊蓄本が売られている。自分が居住している県ではあるが知らないことも多々ある。埼玉県は何もかも中途半端なところが良い。東京に出ようと思えばすぐに出られる。もっと田舎に行こうと思えば行ける。新幹線にも乗れるし成田にも行ける。でも、海に行くのだけがしんどいだけ。田んぼもあるし畑もある。プロスポーツチームもあるし。ほんと、中途半端な立ち位置がたまらなくよい。要するに「住めば都」だということだ。

今日は埼玉県民の日だから埼玉県を褒めてみた。