自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

稲刈最盛期を迎える

f:id:sk6960:20151012150010j:plain

f:id:sk6960:20151012150011j:plain

ボチボチ稲刈が始まっている。今年はどんな具合なのだろう?

このへんは決まって収穫物をJAに卸しているようで気合いの入った米農家はいないように思われる。収支はトントンなんだろうなぁ。

コメ市場を開放したら、コメ農家は衰退すると言われているが、逆に海外産のコメを日本人が食べるのかと言われれば日本人は海外産を選択しないのではあるまいか。少なくとも市場開放しても米農家がコメを栽培してくれる限り国内産を選択するだろう。このあたりの問題は、某巨大組合が原因だと思う。既得権益をもつ組織の敵は変化そのものだからね。

***

f:id:sk6960:20151012145957j:plain

我が家の愛犬、ロクロウは刈られた後の田んぼが大好き。飽きもせず走り回る。ワラが好きみたいだ。

ところがこの日は

f:id:sk6960:20151012145958j:plain

f:id:sk6960:20151012150001j:plain

f:id:sk6960:20151012150000j:plain

田んぼに住まうイナゴに夢中。でもイナゴは賢いから犬ごときには捕まらないのだ。ホント、ウチの愛犬はドンくさい。シバイヌらしくない。

f:id:sk6960:20151012145956j:plain

ひとしきりイナゴに遊ばれた後で散歩を続けた。

彼は満足そうだった。