自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

2016シーズンの家庭菜園的活動

f:id:sk6960:20160101100457j:plain

元日の朝の秋冬エリアです。この冬は暖かいですね。強烈な霜も降りることなくすべての野菜が順調に収穫されています。次期はこのエリアは春夏野菜専用畑になる予定ですので2月下旬にはすべて撤去するつもりです。

それまでにキャベツとかダイコンが消化できるかなぁ?

来シーズン、いや今シーズンは昨シーズン同様にあまり菜園活動に時間を割くことが出来ないと思われるから春夏野菜の栽培面積を縮小し、かつ耕盤層の破砕目的にセスバニアを長期栽培するつもりです。

f:id:sk6960:20160101100814j:plain

(ロクロウが写り込んでいますけど)

このエリアは昨シーズンまでは春夏野菜専用畑でありましたが、次の秋冬野菜栽培のときにはこちらが秋冬野菜専用エリアになります。

秋冬野菜を栽培するにしては面積が広すぎます。したがいまして栽培期間の長いサツマイモやサトイモなどは当然にこちらのエリアでの栽培になりそうです。

こちらは4月になったらエン麦を播種し、秋冬野菜の播種定植まで土作り期間になりますね。

当菜園では緑肥による土作りを是としております。なるべく動物性堆肥を使用しないことで病害虫の発生や土壌中の栄養素の偏りを低減する目的で粗大有機物を鋤き込みながら土作りをしております。

今シーズンも同様で緑肥による土作りを行なっていきます。

内製している落ち葉堆肥やイネワラ堆肥も使いたいなぁ。

 

今シーズンは2月下旬から家庭菜園的活動を本格化させるつもりです。圃場の片付けから始め、有機物を鋤き込んでの土作り、GW頃に果菜類定植といった感じでしょうか。