自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

備品のメンテナンスはしっかりやっておくべきと肝に銘じた2016初夏

※一つのテーマを3回に分けてエントリしてごめんなさい。

 

このエントリはエン麦を刈払機でなぎ倒したときを綴っている。本日が最終回である。

刈払機の刃を新品に交換した菜園主はエン麦をなぎ倒すことの続きを行った。

f:id:sk6960:20160618151448j:plain

さ、ここから再開だ。

 

ぶぉーん。

 

ぶぉーん。

 

 

終わった。

f:id:sk6960:20160618151449j:plain

f:id:sk6960:20160618151450j:plain

f:id:sk6960:20160618151451j:plain

刈り倒してみるとそこそこの粗大有機物を確保できた気がした。

本当はこの後で鋤き込むことが必要なのだがそれはできない。だからこのまま放置。気温も高く、雨も期待できるので地表面から分解が始まるだろう。適期に耕耘機を用いて耕耘するつもりだ。

 

ついでに市道側のクリムソンクローバーも刈り倒しておいた。

これは作業前。

f:id:sk6960:20160618151454j:plain

作業後。f:id:sk6960:20160618151455j:plain

あまり変化ないなぁ。

でも、クリムソンクローバーの地表近くではすでに分解が始まっていた。

 

 

※なんだか画像の貼付がうまく出来ていなかったので修正しました。