読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

一回目の耕耘はだいたい15センチくらいの深さです

土曜日の昼過ぎに耕耘機を持ち出して一回目の耕耘を行った。

f:id:sk6960:20170227141846j:plain

これは秋冬野菜専用エリア。砂質傾向があり、保水性が若干悪いエリアだ。だから梅雨時期などは水はけがよいので雨が降ってもフツーに圃場にいけるのがメリットだ。反面、保水性が悪いためか肥持ちが悪いこともあり、肥料食いの野菜を栽培する場合には追肥を適度に行うという手間が発生する。

 

f:id:sk6960:20170227141845j:plain

このエリアはニンジンやジャガイモ、サツマイモを栽培するエリアとして活用していた。土の粒度が一定だし、水はけもよい。このエリアは市道に面している。時折ウデの悪いドライバーが車で突っ込んでくることがあるから、万が一突っ込まれても大丈夫な野菜(そんな野菜があれば、だが)を栽培したいと思っている。

 

f:id:sk6960:20170227141844j:plain

このエリアは春夏野菜専用エリアだ。当菜園を使い始めた頃に比べるとずいぶんと土質が改善されたように思える。なぜって? だってまともに野菜が出来るようになったから(笑)

 

このように一回目の耕耘は大きな問題もなく無事に終えることが出来た。

気候を見ながら二回目の耕耘を行うつもり。

その前にガソリンを買っておこう。