自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

ハクサイの間引き、追肥、農薬散布

当菜園ではハクサイを2畝で栽培している。

ひとつは苗を購入し、定植したもの。

今ひとつは種から栽培するもの、だ。

 

ハクサイは直根性なので定植時に根を傷めると活着しない。だからリスク管理の意味合いを込めて定植での栽培と播種からの栽培の2畝運用を継続しているのである。

 

だいたいは、苗は早生を調達し、タネは中生をチョイス。収穫時期をずらすことで長く楽しみたいという魂胆だ。

 

f:id:sk6960:20171001165543j:plain

間引き、追肥後のハクサイ。これはタネから栽培している畝だ。欠株が見られるが補植はしていない。

 

f:id:sk6960:20171001165542j:plain

f:id:sk6960:20171001165545j:plain

こんなにたくさんのハクサイ、食べられない。

 

f:id:sk6960:20171001165544j:plain

すべての株が播種したものだが、農薬散布の成果か成長点の食害は見られない。

 

間引き後、追肥を行い、軸が地面に対して垂直になるように姿勢を正すように土寄せした。