自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

こんな食べ方は鳥しか出来ない

この冬、豊かな収穫が続いていたキャベツだが、

 

f:id:sk6960:20180307080315j:plain

f:id:sk6960:20180307080316j:plain

f:id:sk6960:20180307080318j:plain

 

収穫を待つキャベツたちがナニモノかによって食べられてしまっている。しかも晩生種の、瑞々しい、おいしい方を(泣)

 

おそらくは鳥の仕業なのだろうけれど、それほどこの冬は食糧不足なんだなと思うと、「これくらい、ま、いっか」となる。

 

定植後の秋には長雨。そして台風。

冬になったと思ったらかなりの寒さ。

しかも降雪もあった。

そんな中で生き延びたキャベツではあったが収穫を迎えることなく、野鳥のえさとなった。

 

とはいえ、中には

 

f:id:sk6960:20180307080317j:plain

 

一部分だけを取り除けば食べられるようなキャベツもある。

 

 

こういう野菜はカット野菜業者に売りさばくのだろうな、と思った。カット野菜産業は一年を通じて野菜の仕入ができれば参入してもよい産業だろう。お一人様は多いし、この冬のようなときにはカット野菜がありがたい。

 

 

もうじき秋冬野菜専用エリアも整理する。耕耘し、エンバク播種の準備だ。播種そのものはGW前頃。それまでに完了させればいい。