自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

深植えしていますが、何か?

自宅での定植作業ですからさほど時間を必要とする作業ではないです。この程度なら一時間程度で出来てしまいます。だから定植作業については特筆すべきことはないんですね。

 

f:id:sk6960:20180430174313j:plain

仮置きしながらレイアウトを決めます。キュウリとトマトですが、これらは後に支柱が必要となるので日当たりとか収穫位置とかをちゃんと想定しておく必要があります。

 

バジルはトマトの近く。水分を吸ってね。そうでないとおいしいバジルの葉にならないから。

f:id:sk6960:20180430174312j:plain

 

オクラはマルチを敷かないでいきます。

f:id:sk6960:20180430174314j:plain

画像を見ると深植えですね。

よく野菜本を読むと浅く植えるのがよい的なことが書かれていますよね。何でもかんでも浅く植えるとダメです。オクラは直根性なので根を傷めないようにあえて深く植えます。

 

ミニトマトは接木ですが、

f:id:sk6960:20180430174316j:plain

f:id:sk6960:20180430174317j:plain

f:id:sk6960:20180430174318j:plain

接木苗の場合には、野菜本で書かれているように継ぎ目部分に土を当てないようにします。それでもギリギリまで土を寄せています。

 

 

f:id:sk6960:20180430174319j:plain

ピーマンも、

 

f:id:sk6960:20180430174321j:plain

キュウリも、ギリギリまで深く植えます。

 

 

f:id:sk6960:20180430174324j:plain

f:id:sk6960:20180430174325j:plain

f:id:sk6960:20180430174322j:plain

 

マルチを張ったところに凸凹があり、かなり品質悪い(泣) あとで穴開けて排水できるようにしておこう。