自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

今年はピエールがキレイに咲いてくれましたが、そろそろ終わるかも

f:id:sk6960:20180520134238j:plain

f:id:sk6960:20180520134239j:plain

比較的バラに中では熱心に面倒を見ているバラ、ピエールです。正確に言うと、『ピエール ドゥ ロンサール』といいます。

開花するとキレイなピンク色を見せてくれるのですが、花期の末期が近づくとだんだんと花びらが白くなり、やがて散っていきます。

 

 

 

え? 人間みたいじゃないかって?

 

 

 

ごもっともですな。

 

 

 

 

世帯主である当ブログ管理人は

 

バラは食えないから育てない

 

と宣言し、バラの世話の一切合財は細君に委ねるものとしてバラの栽培の許可をしたものです。しかしながら最近は細君のバラ熱はなくなり(そういうとキレるのですが)、もっぱらバラ栽培を世帯主が担当しているわけです。

 

バラも野菜と同じで面倒を見れば見るほどきれいに花を咲かせてくれます。ピエールを育て始めて10年近く。これほどまでにたくさんの花を付け、キレイなピンクをみせ、大ぶりの花を付けたのは初めてだ、と細君に言われた。確かにキレイな花だし、地植えしたらよいのになぁと思いつつ、地植えするのは世帯主の自由時間が増えるまで我慢しなければなりません。それまでちまちま面倒を見ることにします。

 

 

そんなピエールですが、そろそろ花期が終わりそうです。

花後は追肥(お礼肥え)し、秋の開花に備えることになります。