自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

自宅の野菜たちをお世話しました(キュウリ)

タイトルのとおり、自宅の野菜をお世話した。

まずはその様子をキュウリからご覧頂こう。

 

f:id:sk6960:20180527131142j:plain

そろそろ摘芯するタイミング。それと支柱を設置し誘引する頃合でもある。雨が多くなるこの季節、土から跳ね返った雨水が枝葉について病気になる例がある。だから早めに済ませておきたかった。

 

f:id:sk6960:20180527131146j:plain

ツルを伸ばしてみると画像のように60センチほどになったので摘芯を決行。ばさっと切ってしまった。

 

f:id:sk6960:20180527131147j:plain

 

いくつか雌花が咲いていて小さい実をつけている節もあったので付いた実はすべて切除。雌花も下の節のほうのものはすべてカットしてしまった。

 

 

f:id:sk6960:20180527131145j:plain

f:id:sk6960:20180527131143j:plain

 

これらは全部摘果した。

※画像のキュウリは形も悪い

 

 

 

毎回書いているようだけれど、実が付いたからといって一番果や二番果を収穫に至るまで育ててしまうと株が疲れてしまい、早めに終了になってしまうため、一番果~三番果くらいまでは全て摘果している。

支柱を設置し、ほぼほぼ枝葉が整ったところで収穫開始、となるのがいい。

 

親ツルを摘芯したので子ツルが伸び始める。それを誘引し、雌花が咲く頃までキュウリの管理作業は続く。