自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

新しい籾殻はなかなか水分を保持してくれません

先の週末、特に日曜日は北風もあってとても寒かった。

 

 

冬だ

 

 

と思った。

 

でもね、最近はこの寒さが嫌ではなくなった。年を食った証拠だろう。

 

 

寒いからといって引きこもっているとせっかくの休日なのにもったいない(せっかく減った体重が増えてしまう)から、引き続きお庭の5Sをやることにした。

 

 

あ、そうそう、籾殻の様子を見てみようと。

 

f:id:sk6960:20181209162436j:plain

 

野菜の残渣を無造作に放り込んでいる。

表面はまだ新しい籾殻だが、下層は堆肥として使えそうなくらい腐熟が進んだ。

 

 

f:id:sk6960:20181209162433j:plain

 

表層の籾殻は白っぽく見えるが、腐熟した籾殻は黒々しているのがわかる。

 

 

 

先日新たに投入した籾殻はこれだ。

 

f:id:sk6960:20181209162438j:plain

 

残渣を入れているが、水分が足りないようで分解が進んでいない。

 

f:id:sk6960:20181209162521j:plain

 

もっとも積極的に堆肥化を進めているわけでもないのでね。

 

 

最近はスズメさんがやって来て、籾殻に投入した米ぬかを突いているらしく、氷のフンらしいものが散見される。

 

 

少し深く穿ってくれればミミズさんがいるのに、と思ったが余計なお世話だったようだ。