自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

ニンジンは発芽したのか?

以前にも述べたが、

 

当ブログ管理人はニンジン栽培が苦手である。理由は間引きが苦手だから。

 

でもニンジンは発芽さえしてしまえば手間のかからない野菜だ。それに我が家ではニンジンの使用率が高いので菜園で収穫できると嬉しい。

 

 

これまでニンジンはマルチを敷き、そこに点撒きしていたのだが、今回はすじ撒きにしている。理由は3つあって、マルチを敷いていないからということ。すじ撒きすることで発芽率が向上するのではないかという仮説を実証したかったからということ、最後に間引きが楽できそうだというのが理由である。

 

 

f:id:sk6960:20190407131418j:plain


ここ、コカブとニンジンを播種している。

 

まずはコカブ。

 

f:id:sk6960:20190407131420j:plain

 

発芽している。ま、アブラナ科野菜だからね。発芽がばらついているのが気になるが仕方がない。

 

次はニンジン。

 

f:id:sk6960:20190407131423j:plain

 

ニンジンは播種後の乾燥防止に籾殻をかけている。

パッとみて発芽しているようには見えないがよく見てみると、

 

f:id:sk6960:20190407131426j:plain

f:id:sk6960:20190407131503j:plain

 

ふむ、発芽を確認した。

 

 

このあと、散水。さらに発芽を促進させたい。

 

 

 

実は菜園に来るとき、余ったニンジンのタネを持参していた。最悪、播き直しだろうなと思っていたから。

 

ところがいくつかが発芽していたため、再播種は中止。

散水して発芽をするか、しばらく様子を見ることにした。