自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

定植後、1週間を経過した安納芋。干からびた苗は活着したのか?

ま、タイトルの通り何ですが、

例年安納芋にチャレンジするも、特に昨年は史上最悪の出来となってしまい、今年は昨年の二の舞はごめんだと思っております。

 

 

サツマイモの苗は定植前に水を切らす活着度が高まる、みたいなこと聞きつけて今年それを実践してみたのでございます。

 

さ、定植後の様子。定植後、1週間が経った。

 

f:id:sk6960:20190519074324j:plain

 

早くもカヤツリグサが・・・。こいつは憎たらしいのです。

 

 

f:id:sk6960:20190519074326j:plain

 

活着したな。

 

 

f:id:sk6960:20190519074328j:plain

 

先から新葉が出てきたみたい。

 

 

f:id:sk6960:20190519074330j:plain

 

死亡。

 

 

f:id:sk6960:20190519074332j:plain

 

完全敗北。

 

 

 

総じて活着率は高かったけれど(20本中18本活着)、苗定植後に雨でも降ってくれれば、状況は変わったのかもしれない。

さすがに毎日菜園に行けるわけでもないし、人為的に散水できればよかったのだろうけれどなかなかそううまくはいかないですよね。

 

さて、ここからは昨年の反省を踏まえて雑草さんに負けないように管理作業に勤しんでいきます。