自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

クリムソンクローバーを刈ってしまった

当初想定したことと反対のことが起きることはままある。要因が自分にあるとか他人にあるとか関係なしに。

 

その時はこう考えていたのに、その後逆のことを考えたりもする。そんなことは日常茶飯事だ。

 

ビールを飲もうと思っていたのにウィスキーを飲んでしまったり、アテには焼き鳥かなと思っても焼き魚になったり、つまりそういうことだ。

 

 

***

 

菜園のクリムソンクローバーは枯れ果てるまで放置するはずだった。でも一部ではあるが刈ってしまった。

 

 

なぜか?

 

 

 

刈りたかったから。

 

 

 

見た目みすぼらしかったからでもある。

 

 

 

f:id:sk6960:20190525130749j:plain

f:id:sk6960:20190525130751j:plain

f:id:sk6960:20190525130754j:plain

 

こんなんだったので刈ってしまおうと、改めて思い直したのだ。

 

草量が多かったので刈り込むのに難儀した。

 

 

f:id:sk6960:20190525130756j:plain

f:id:sk6960:20190525130758j:plain

 

実はここは秋冬野菜エリアとして利用することを想定しているのだが、ニンジンなどの根菜類を栽培したいと思っているエリアだ。

だから有機物が完全に分解したところで播種したいと思っているのだ。少しでも残っているとまっすぐな良質のニンジンを育てづらくなる。

 

 

このまま放置すれば自然と枝葉は朽ちるがタネができて発芽するとケアが大変なので早めに刈り込んだ、というところだ。

 

f:id:sk6960:20190525130824j:plain

f:id:sk6960:20190525130827j:plain

 

刈り込んだ草をどけてみると、いい感じに朽ち始めている。

 

もう少し朽ちてきたところで石灰を散布し耕耘する。