自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

トマトは完全に熟したものを収穫し、その場で食らいつきたい

f:id:sk6960:20190608142038j:plain

f:id:sk6960:20190608142041j:plain

 

少々見にくいのだが、これはミニトマトだ。

本当は雨にも当てたくなくて、ビニルハウスみたいな雨よけを設置したかったのだが、数年前に台風に直撃され、雨よけが破壊されてからは雨よけは設置していない。

トマトは余計な水分を与えないほうが甘く育つ。

確かに言われている通りで水分を与えないほうが甘く育った。格別な甘さだった。

 

 

***

 

最近はミニトマトしか栽培しないが、その昔、大玉の「麗夏」という品種を好んで栽培していた。水分を切って栽培するととびきり甘いトマトが実った。あれには感動したものだ。

ミニトマトも同様に、水分を切って栽培すると甘く、甘く実る。

 

 

 

f:id:sk6960:20190608142043j:plain

 

今年は皮が薄い品種と、

 

 

 

f:id:sk6960:20190608142045j:plain

 

皮が柔らかい品種とを栽培している。花房の先端をぶった切った跡が見える。どうせ先っぽにはろくな実はつかない。

 

 

確かに実に雨が当たると皮が割れるから雨避けはするほうがいいのかもしれない。路地で栽培するのは難しいね。