自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

キュウリ1株が死にました

休みの日に外に出たらニイニイゼミの声が聞こえた。

 

セミの鳴き声は嫌いではない。

ニイニイゼミがやがてアブラゼミに変わり、お盆を迎える頃にはミンミンゼミに、さらに夏休みが終わりを告げる頃にはツクツクホウシになり、そうこうしているうちに夏が終わる。一年などというものはそうやって足早に過ぎ去っていく。

 

一日一日は気だるく過ぎていき、気がつけば部屋には秋がどかっと居座る。

 

 

 

夏になると村上春樹先生の『風の歌を聴け』を読み返す。40分もあれば読みきってしまう。あのページ数は夏はそれくらいあっというまに過ぎ去ることを示唆しているに違いない。

 

 

murakami-haruki-times.com

 

 

作中、「本なんてものはスパゲティーをゆでる間の時間つぶしにでも片手で読むもんさ。わかったかい?」という記述がある。

 

 

***

 

我が家のキュウリが1株、死に絶えた。

 

f:id:sk6960:20190715161302j:plain

 

よく分からない死に方だった。

死因を尋ねても分からない、という。雨が多いからさ、とうそぶいてみたがいまいち納得できなかった。

 

 

一方でミニトマトは元気だし、

 

f:id:sk6960:20190715161309j:plain

 

まだこのように鈴なりになっているわけで

 

f:id:sk6960:20190715161312j:plain

 

雨が多いから、というのが理由とは思えずにいる。

 

 

ピーマンだってこんなに元気だ。

 

f:id:sk6960:20190715161305j:plain

 

 

世の中には不思議なことはない、と京極堂(中禅寺秋彦)はいうが、自分には不思議なことだらけだ。

 

「この世には不思議な事など何もないのだよ、関口君」

 

www.osawa-office.co.jp

 

 

ま、そういうことだ。