自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話

月曜日の朝、レタスを植えた

この記事の内容は8月31日の出来事について。

 

例によって早朝から菜園に赴いてレタスを定植しようと。この日の空はどんよりした空だった。おかげで少し涼しささえ感じる。

 

f:id:sk6960:20200831095839j:plain

 

天気予報では曇りがちみたいなこと言っていたけれど、どうかな? なんか小雨が落ちてきたのは気のせい? さっさと片付けてしまうか。

 

 

 

定植するのはブロカリの隣の畝だ。

 

f:id:sk6960:20200831095843j:plain

 

なんか雨が降ったのかな、マルチが濡れている。

 

 

 

f:id:sk6960:20200831095847j:plain

 

1畝あたりの定植は20株と決めているので空きができる。空いた植え穴にはダイコンでも播種するか。ちっとも発芽していないし。

いや、サニーレタスは自宅でやるのでレタスを40株定植しても良かったかもなぁ。この時期スーパーで購入するレタスは品質が悪くてね、葉っぱがカサカサだし、みずみずしさがないんだ。安かろう悪かろうの典型かもしれないね。

 

 

話が逸れた。

 

 

さて、定植すっか。

 

f:id:sk6960:20200831095851j:plain

f:id:sk6960:20200831095856j:plain

f:id:sk6960:20200831095900j:plain

 

穴っぽこ開けて、水を投入。黙る。定植。散水。終わる。

レタスの定植などブログのタイトルを考えるよりも早く終わってしまう。

株間を十分にとっているので大株になってほしいなぁ。でも、空いた穴は何かに有効活用したいけど・・・。

 

 

 

f:id:sk6960:20200831095904j:plain

 

余った植え穴にはダイコンを播種したい。早生種あたりを播種しておくのがいい。市道側の保険的な意味合いもあるからね。早く食べたいし。

 

 

 

播種するのは

 

f:id:sk6960:20200831095908j:plain

 

ま、メジャーな品種だけれど、安定感があるからね。無難なチョイスになってしまう。

 

 

f:id:sk6960:20200831095912j:plain

f:id:sk6960:20200831095917j:plain

 

ダイコンの播種後、ネットをかけて作業は終了。

やっぱ1時間ほどかかってしまったようだ。市道には通学や通勤の車両がひっきりなしに通っている。

 

 

とはいえ、せっかくだから、市道側のダイコンを蒔き直すとするか。

 

f:id:sk6960:20200831095921j:plain

 

ここな。

画像は蒔き直した後の様子だが、今回はたねまき用培土を用いてしっかりと覆土しておいた。ちゃんと発芽してほしい。

 

 

f:id:sk6960:20200831095926j:plain

 

種子が古かったから発芽しなかった、と思っているのだけれど、暑すぎたというのもあるのかなぁ。でもそんな中でも発芽しているのもあるわけでどちらも理由になりそうでならなさそう。

 

ほんと、農業って再現性が取れないので検証が難しい。

 

 

市道側にダイコンを蒔き直した後、自宅に戻った。

さ、仕事、仕事。