自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話

そして自称週末ファーマーはマルチを敷き、力尽きる

 

このエントリの内容は、GW後半の5月4日のことです。1週間ちょい前のことです。

 

この日は前日まで吹き荒れていた北風が止んで、どちらかといえば無風に近い状態だったのに加えて気温が25度近くまで上昇しました。

 

いや〜、いい天気でしたし気温も高くて大変だったんですが、それよりも何よりも紫外線がキツイって。おかげで日焼けしてしまい日焼けした部分がヒリヒリしていたのを覚えています。

 

 

この日は朝9時から始動しました。

 

まずは耕耘機で春夏野菜専用エリアを整地ました。マルチを敷設するためですね。

その後再度菜園に赴いてマルチを敷く作業です。立ったり座ったりという作業で結構しんどい作業でした。

 

 

f:id:sk6960:20210505085851j:plain

 

手始めにスイカを定植する場所を確保します。例年スイカは四方八方に蔓を伸ばしてしまうので一等地を確保してやります。

エリアの中心に3株低所するスペースを確保。しかし、定植そのものはまだ先です。

 

 

 

f:id:sk6960:20210505085856j:plain

 

次に果菜類のナスとトウガラシの場所をキープします。収穫機会がそこそこ多いと思われるのでスイカの畝から離れた場所に確保します。

もっともスイカのツルをなんとか工夫してこちら側に来させないようにすればいいだけですけどね。

なかなか梅雨時になると菜園に来られなくなるので管理作業ができなくなるので四方八方にツルが伸び放題になってしまうというのが例年のパターンです。

今年の梅雨はどうなるんでしょうかね??

 

 

f:id:sk6960:20210505085902j:plain

 

全部で5畝確保しました。

 

 

え?

 

 

 

4畝にしかみえないって?

 

 

 

 

それは皆さんの眼が・・・、

 

 

 

じゃなくて

 

f:id:sk6960:20210505085907j:plain

f:id:sk6960:20210505085911j:plain

 

土がかぶさって見えないだけです。

マルチと畝床の間に隙間があると風が入り込んでマルチが剥がれる可能性があります。なので隙間ができないように土をかぶせて隙間がないようにしていただけです。

翌日には綺麗に掃いて定植できるように現状回復しました。

 

 

 

さ、ここまでの作業で3時間半ほどかけてしまいました。

 

久しぶりにマルチを敷きましたが、畝立てって結構しんどい作業だったんですね・・・。立ったり座ったりで足腰が痛いです。もう来年には50になってしまいますので体に堪える作業なんですねー。あはは。

 

当然、翌日には筋肉痛はきませんでしたよ。

 

続く。