自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話

【鳥対策】トウモロコシにカラスよけを

 

この時期は梅雨であり、なかなか菜園に出て作業できることが少なくなる。仕方のないことだ。昨年、2020年7月の関東地方は連日雨が降り続き、菜園に入ることさえできなかったので雑草さんの楽園になってしまった。

 

雨さえ降らない、または降ってもいいけれど圃場がぬかるむことのない程度の雨であればちょくちょく菜園に出かけて除草することができるので雑草さんの楽園になることを防止することもできる。

 

 

今年、2021年はどうか?

 

今のところ菜園に入って除草できているので楽園にはなっていない。

 

 

先の週末もにわか雨の心配こそあったけれど日中は日差しもあって菜園での作業を行うことができた。

週末にやった作業は以下だ。

 

1.   除草剤散布

2.  トウモロコシにカラスよけ設置

3.  オクラ間引き

4.  ナス収穫

 

 

そんなもんだ。

 

作業量的にはさほど多いものでもなかったので土日のいずれか1日の数時間で足りるだろうと思っていた。日曜日は朝から雨が降るというので土曜日中に片付けることがマストだなと思ったので土曜日の早朝から作業を行うことにした。

 

 

1. 除草剤散布についてはラウンドアップを散布。散布した日、終日雨が降らないでいてくれればなんとか効果は出るだろうと思ったので早朝に散布することにしたのだ。

 

 

 

 

 

 

***

 

 

除草剤の散布を終えると、次は2.カラスよけを設置することにした。今回は大きな面積で栽培しているわけでもないので小規模ならではのカラスよけにした。

 

f:id:sk6960:20210628102352j:plain

f:id:sk6960:20210628102356j:plain

 

 

長めの支柱を差し込んでその周りを梱包用のビニルテープを巻いただけの簡易的なものだ。ちなみにこれでも全然問題なくて、ビニルテープを食いちぎってカラスの襲撃を受けたことはない。トウモロコシで怖いのはアワノメイガである。

 

 

 

このように、

 

f:id:sk6960:20210628102414j:plain

f:id:sk6960:20210628102418j:plain

 

雄花が出てきているのでそろそろアワノメイガがやってきそうだ。そのためにデナポンを散布したという次第。

農薬を撒いても来るとしたら、その時は諦めるしかないな。

 

 

 

 

100均一で購入した種子ではあったが、発芽っぷりも成長っぷりも全く問題ないレベルで推移しているような気がする。それでも失敗するのならそれは栽培主のウデが悪いからであろう。

 

 

最初はヒョロっちい苗だったけれど、今では

 

f:id:sk6960:20210628102438j:plain

f:id:sk6960:20210628102443j:plain

f:id:sk6960:20210628102448j:plain

 

マングローブみたいな根っこが見えてきたので安心している。あとはメスが出穂して受粉してくれれば、ってところだな。

 

 

肝心の雌花はというと、

 

 

f:id:sk6960:20210628102452j:plain

f:id:sk6960:20210628102456j:plain

 

まだそれっぽいのは確認できていない。

 

ここから出て来るんだろうけれど、頭から尾っぽまでしっかり受粉してほしいなと思う。