自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話

やはりトウモロコシにヤツが忍び込んでいた

 

そろそろトウモロコシが収穫できるのかな、と思っていたのですが改めてトウモロコシの収穫適期の見極めってどうなんだっけ、と思っている今日この頃。

 

エダマメ同様に収穫直後がうまいといいます。

また、寒暖差が大きい土地で作られるというトウモロコシが美味だといいますよね。高原野菜、といいますかよく軽井沢とか清里とかああいうところで売られています。確かに美味しかった記憶があるなぁ。お醤油の香ばしい香りとか、食欲そそるなぁ。

 

 

さて、我が家のトウモロコシはどうでしょうかねぇ・・・。

 

 

f:id:sk6960:20210719084911j:plain

f:id:sk6960:20210719084916j:plain

f:id:sk6960:20210719084920j:plain

 

やっぱねぇ、害虫さんがいますよね。

彼らも必死だからね、農薬散布したくらいではダメなんかしれんね。

 

誰が外皮をひん剥いたかわからないけれど中身が見えます。

まだまだ黄色くなっていないので適期ではないんですね。どうせだったら熟したトウモロコシが食べたいですし、贅沢いえば害虫さんがいないトウモロコシがいいなぁと思っていたのですが、なかなか難しいです。

 

 

 

***

 

最近は軽井沢に行くことがありません。

なんだか昔よりもずっと有名になりすぎてね、避暑地としての軽井沢というよりも観光地になってしまったので行きにくくなりました。

あの、まったりした空気感がよかったんですが、いまではなんだか殺伐とした雰囲気を感じます。もちろん個人的な見解ですので。