自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話

タマネギは健在、結局追肥はしなかった

 

f:id:sk6960:20220117112103j:plain

 

タマネギの畝です。

 

先日の降雪でネットが破壊されると思いましたが無事でした。この冬は北西風も激しいですが、北西側にあるエンバクのおかげかネットや畝を守ってくれているようです。

 

肝心な中身ですが、

 

 

f:id:sk6960:20220117112106j:plain

 

あまりよく観察できなかったのですが、このような感じでしてまぁまぁ順調な感じがいたします。さすがに寒さで縮こまっている苗がありますね。これはこれで仕方ないと思いますが、枯れて消滅したり欠株になったりという穴は確認できなかったので今の所は順調ではないかと思われます。

 

 

このタマネギは昨年から試験的に内製した落ち葉堆肥を利用した栽培をしています。昨シーズンも今シーズンも畝には落ち葉堆肥をすき込んでいます。特に今シーズンは多めにすき込みました。

 

さらには畝を立てる前にはマメ科緑肥を栽培、さらには緑肥ごとすき込み、有機肥料散布とそれなりに気を使っての設計をしてきました。

 

 

苗定植前の段階でいくぶん多肥気味というきらいもなかったわけではなかったので追肥は様子を見て行うこととしていました。

 

結果的には追肥はせずに今に至る、というところです。

 

たぶん追肥はしないかな。

 

 

 

 

f:id:sk6960:20220117112109j:plain

 

落ち葉堆肥BOXの1号機と2号機です。

まだ昨秋に拾い集めた落ち葉は袋に入ったままの状態です。いつ出そうかな?

 

向かって左のBOXには大量の堆肥が存在しています。

消費してやらないと落ち葉が入りませんのでね。この春、ガシガシ使っていきたいと思っています。そのためにも落ち葉入れられないな。