自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

師走を迎える前に順調に伸びてくれたライ麦

本日より師走であります。今年12回目の1日を迎えた訳でございます。職場でも「早いよねー」とかいうフレーズをよく聞くようになりました。本当に早いものですね。

もうひと月もすれば2015年を迎えるわけではありますが、今回の年末年始も九連休でありまして、今回は年内の休暇が多い。年末のうちに片付けるべきことをやっつけておいて年始はのんびりとしたいものであります。

 

f:id:sk6960:20141130150853j:plain

11月初めに播種したライ麦の様子です。10センチに届かないくらいでしょうか。ここまで大きくなってくれました。今年の11月は例年よりも暖かな日が続いたのでここまで成長してくれたのでしょう。いずれにしてもこれで冬越しできそうです。ちなみにここはオクラを栽培していたエリアです。奥に見えるのがエン麦ですが、圧倒的に大きさが異なる様子が分かると思います。

 

これはサツマイモエリアに播種したライ麦

f:id:sk6960:20141130151154j:plain

こちらも順調に大きくなりました。周りは冬らしい枯れた色をしている中で、当菜園だけは緑が映える圃場になっています。

 

f:id:sk6960:20141130151250j:plain

ここはサトイモを栽培していたエリアですが、このエリアだけは伸長が遅れているような気がします。播種したラインに沿って伸びてくれていますので気にすることもないと思いますが、まぁまぁな大きさになっているので冬越しは問題ないと思われます。

 

当菜園では冬越しの準備が着々と進められています。春夏エリアのエン麦もこのまま放置します。するとエン麦は枯れてしまいますが春を迎えると緑が復活します。そしたら耕耘機による鋤き込みを始めることとなります。

緑肥栽培は当菜園の生命線ですからね。

そりゃ、気になりますよ。