自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

秋冬専用畑の耕耘作業①

某国営放送で中継されている高校野球を眺めてから菜園に赴いた。今日の菜園での作業の目的は秋冬エリアの耕耘だ。昨日降った雨で耕耘するには絶好のコンディションとなった。

f:id:sk6960:20150815172434j:plain

しばらくの間育っていた緑肥を刈り込んでそのまま放置。緑肥を鋤き込むために耕耘作業を行う。

耕耘に先立って苦土石灰を20kg散布した。さらにケイフンを30kg散布した。当菜園での施肥は基本的に全面施肥となっている。必要があれば必要なときに追肥を施す。肥料過多であれば成育初期に害虫による食害がひどいだろうし、肥料が不足しているのであれば追肥で補えば良い。

石灰等を散布した後、耕耘作業を行う。有機物を表層に混ぜ込むイメージだ。

今シーズンの耕耘は全部で三回を予定している。さらに耕耘と耕耘の間で降雨があると望ましい。

まずは東西方向に耕耘した。

f:id:sk6960:20150815172430j:plain

だいたいは1回目の耕耘だけでは上手に表層に鋤き込むことが出来ない。だから当然に2回目を行う。今度は南北方向に進める。

f:id:sk6960:20150815172431j:plain

1回だけではこのように多くの有機物が地表に残ってしまう。

 

2回目。ぶーん。

 

f:id:sk6960:20150815172432j:plain

ま、こんな感じだな。