自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

10連休だそうですが、好きな時季に10回休ませてほしいものだ

菜園。

ここは秋冬野菜専用エリア。緑肥が育っている。

 

f:id:sk6960:20190413155004j:plain

 

もこもこ。

 

 

 

f:id:sk6960:20190413155007j:plain

f:id:sk6960:20190413155046j:plain

 

育っている緑肥はヘアリーベッチクリムソンクローバー。共にマメ科の緑肥だ。

ベッチは紫の花を咲かせ、クリムソンは名前の通り真紅色の花を咲かせる。

 

 

f:id:sk6960:20190413155049j:plain

f:id:sk6960:20190413155052j:plain

 

これが一面咲きそろうと壮観な景色となる。

開花した頃、ミツバチが大量発生する。またてんとう虫も大量に発生する。養蜂でもやってみるかな、副業で(無理)。

 

 

てんとう虫は、成虫はああいうテイをしているが、幼虫期は結構グロいことをご存知だろうか?

ここから先は閲覧注意でお願いしたい。

 

 

 

 

 

f:id:sk6960:20190413155130j:plain

f:id:sk6960:20190413155127j:plain

f:id:sk6960:20190413155124j:plain

f:id:sk6960:20190413155058j:plain

f:id:sk6960:20190413155055j:plain

 

クリムソンクローバーには大量のてんとう虫が住み着く。

それは成虫ばかりではなく幼虫も、である。