自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

苗から育てるハクサイ

例年だと苗から栽培するハクサイは定植時に根を傷めてしまい、活着せず、いくつかの株が欠株すること、しばしば。

だが、今年は、定植したすべての苗が順調に成長してくれている。感謝だ。

 

f:id:sk6960:20171001165549j:plain

画像で右側に見えるのが苗を定植したもの。左にこっそり見える、薄い緑のが播種したハクサイだ。もう巻き始めている株さえある。

 

苗で定植したのは16株。空いた植え穴には播種。だから同じ畝で生育が異なる株が存在しているわけだ。

 

f:id:sk6960:20171001165550j:plain

これも軸が垂直になるように土寄せ。この畝にも追肥を施した。

 

ハクサイにはちょこちょこ何回も追肥、がいいらしい。

ハクサイは常にハラペコらしく、ちょこちょこ追肥をすることで結球を確実にするのがいいと、某国営放送で野菜栽培の講師役をしている人が言っていた。

だからハクサイは、緩効性の有機肥料ではなく化成肥料が追肥には向いている。だから言われるがままに化成肥料を追肥した。

 

また、このタイミングで畝内の除草もしている。

 

幸いなことにムシによる食害も見られない。農薬サマサマだ。