自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

ベッチとクリムソンクローバー

寒さが一段落したせいか、当菜園のヘアリーベッチクリムソンクローバーが大きくなり始めた。

 

これは指導側のクリムソンクローバーの様子。

 

f:id:sk6960:20190407131705j:plain

f:id:sk6960:20190407131702j:plain

 

かなりモコモコしてきた。

 

 

f:id:sk6960:20190407131659j:plain

 

何代もコボレダネで発芽を続けている種は成長ぶりがおかしくて草丈も小さくなんだか心配。

次期は異なる緑肥、または科を栽培してみようかな?

 

 

ベッチもモコモコ。

 

f:id:sk6960:20190407131509j:plain

 

ベッチは開花の時期を迎えた。

 

 

f:id:sk6960:20190407131512j:plain

f:id:sk6960:20190407131515j:plain

 

ほんと、一見するとカラスノエンドウみたいに見える。

 

 

ベッチが開花するとクリムソンクローバーもそろそろ開花時期を迎える。

よく見るとクリムソンクローバーが咲いている。

例年、フライング気味に咲く個体が見られるが、今年もフライング野郎が現れたようだ。

 

f:id:sk6960:20190407131547j:plain

f:id:sk6960:20190407131549j:plain

 

まだ咲き始め。

これが一斉に咲き出すと壮観な景色になる。