自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

ネタに困ったら緑肥のハナシを書くようにしています

・・・、そういうことです。

農閑期はネタに困るのです。だからこういうときは決まって緑肥ネタを投下することにしています。

幸いにも我が菜園では現在、クリムソンクローバーなるマメ科緑肥とエンバクが生育中です。エンバクは寒さゆえ成長が止まりつつあり、このまま冬越ししそうだし、クリムソンクローバーは冬越しする緑肥。

 

f:id:sk6960:20171120171358j:plain

春夏野菜エリアのエンバク。このまま冬越しさせて春になったら耕耘しながら播種定職の準備を行っていく予定。

 

f:id:sk6960:20171120171359j:plain

市道側のクリムソンクローバー。中央に見える「棒」みたいなものはヒマワリの茎。結構頑丈でございましてなかなか折れません。ヒマワリは種をたくさんつけていたので是非とも来年夏にはヒマワリが咲き誇るエリアにしたいものです。

 

f:id:sk6960:20171120171400j:plain

霜が下りるとしおれて見える葉も、日光を浴びると鮮やかな緑が映えます。このかわいらしい、なんともいえない葉がよいのです。

 

この市道エリアはGW頃、花が満開になると思います。

あの深紅色はなかなかいい色合いでございまして、花期が短いことを除けばかわいらしい花なんですよ。