自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話

2021年2月も折り返しなのでいろいろとやれることから始めていかないとね

 

あっという間に2月も半分を経過しました。

 

早いですな。

 

 

相変わらず自由を謳歌できるような環境にはなく、まだまだ我慢を強いられるような頃合いですが、そんな中でもやれることを見つけては楽しむことで乗り切ろうと考えている今日この頃であります。

 

 

前回に引き続き、画像を貼ります。

 

 

f:id:sk6960:20210215104659j:plain

 

慌てて防寒対策したクリスマスローズです。

防寒対策といっても落ち葉をぶっかけただけなんですけどね。鉢の中の土が冷気に触れないだけでも効果的なのではと思っています。

 

 

 

f:id:sk6960:20210215104703j:plain

f:id:sk6960:20210215104707j:plain

f:id:sk6960:20210215104716j:plain

f:id:sk6960:20210215104721j:plain

f:id:sk6960:20210215104739j:plain

f:id:sk6960:20210215104745j:plain

 

バラたちは春の気配を感じているのか、ちゃんと芽吹こうとするんですね。逞しいなぁと思います。

一番下の画像はモッコウバラですが、昨年強めに剪定しすぎたためか今年は花芽をつけないかもしれません。

 

あ、ちなみに画像で手を添えているのはピントを合わせるためです。

ほんと、カメラとかの才能がゼロなのでまともにピントを合わせることさえできないのです。

 

 

 

f:id:sk6960:20210215104724j:plain

f:id:sk6960:20210215104729j:plain

 

南東の角地には球根植物が出てきました。

この辺りの球根は一掃したはずなんですが、なかなかどうして生き残りがいたんですね。

この角地のコンセプトに合わないものではないのでこのまま放置したいと思います。

 

 

 

f:id:sk6960:20210215104734j:plain

 

我が家のシンボルツリーのアオダモですが、芽が膨らんできましたね。

大体は4月始め頃には青々とした葉を出してくれます。

 

このアオダモの下には腐葉土がたくさんありますので、現在育苗中のクリスマスローズはこのアオダモの株元にでも移植したいなと思っています。

 

 

 

最後に。

 

こいつ。

 

 

f:id:sk6960:20210215104712j:plain

 

外での作業を部屋から眺めています。

 

あ、シバ犬です。

 

 

それでは、ごきげんよう