自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

もみ殻堆肥の様子

この時期、もみ殻の調達で困ることはない。

だからという訳ではないけれど、もみ殻を使った家庭菜園的活動ができないか思案した結果、もみ殻堆肥を作ろうと相成った。かれこれ5〜6年前のことだ。

 

 

もみ殻はただ堆肥化させるのではなく、生ごみを分解する機械装置(?)として活用している。もみ殻に生ごみを投入し、放っておくこと数年で堆肥に化けるのだ。無論積極的に堆肥化させようとすれば1年で堆肥が完成するのだろうが、当ブログ管理人はもみ殻には生ごみ分解を頑張ってもらいたくて、積極的に堆肥化させてはいない。

 

 

現在のもみ殻のラインナップだ。

 

f:id:sk6960:20191130114824j:plain

 

右列手前は3年ものですでに堆肥化している。右側奥はこの秋に仕込んだもの。

 

左側手前から、今シーズン仕込んだものが2つ続き、昨年仕込んだものが奥側に2つ鎮座する。

 

 

これは右手奥にあった、今シーズン仕込んだもの。もみ殻と昨年仕込んだボカシをサンドイッチ状に積み上げていったものだ。

 

f:id:sk6960:20191130114829j:plain

 

f:id:sk6960:20191130114917j:plain

f:id:sk6960:20191130114921j:plain

f:id:sk6960:20191130114925j:plain

 

ちょっと撹拌すると少しばかり発酵が進んでいるようで、一部で温かみが感じられた。空気を巻き込んで発酵を促進させようと思えばできたのだけれど、このまま放置するのが当ブログ管理人流。めんどくさいだけなのだ。

 

 

f:id:sk6960:20191130114833j:plain

f:id:sk6960:20191130114904j:plain

f:id:sk6960:20191130114908j:plain

f:id:sk6960:20191130114913j:plain

 

これも今年仕込んだものだがもみ殻の原型を留めたまま。まだまだ生ごみを分解してもらわないとだからね。

 

 

f:id:sk6960:20191130114838j:plain

f:id:sk6960:20191130114842j:plain

f:id:sk6960:20191130114846j:plain

f:id:sk6960:20191130114850j:plain

 

一方、こちらは昨年仕込んだもの。黒ずんだものもまだまだ原型が分かるので1年やそこらでは堆肥とならないことが分かる。そもそも生ごみを入れているだけだからね。

 

 

今度は丸2年経過したもの。

 

f:id:sk6960:20191130114929j:plain

f:id:sk6960:20191130114933j:plain

 

やや原型が見えるものの、ほとんど土状になったもみ殻だ。ミミズもいる。堆肥化されていることがわかるだろう。もう堆肥として使用できるレベルだ。

土状になると、もうこれまでのように生ごみは分解してくれないので野菜クズは投入しない。

 

 

もみ殻は扱いが難しいけれど、生ごみを分解させる手段として考えると重宝する。一方、もみ殻そのものをそのまま圃場に投入することはしない。C/N比が高すぎるからだ。くんたんにするにも手間暇かかるし、生ごみ分解装置にするのが一番良い。

 

 

誤解のないように申し上げるが、当ブログ管理人は地球環境を保護するとかいう崇高な考えはない。そんなナントカ論者でもない。

 

 

じゃ、何かって?

 

 

 

そう、家庭菜園活動家(笑)

 

サトイモを収穫しないと、だったなぁ

すき焼きとか胡麻和え用に栽培しているシュンギク

そろそろ収穫してしまわないと霜でやられてしまうな。

 

f:id:sk6960:20191130114721j:plain

f:id:sk6960:20191130114727j:plain

 

一度主枝を収穫しているので脇芽だけでこれだけ大きくなった。早く収穫してあげたい。

 

 

f:id:sk6960:20191130114739j:plain

 

霜でサトイモの葉がやられた。もうこうなったら光合成など期待できない。だからこれも収穫してあげないといかんな。先日試し取りしたサトイモは見事な煮物になった。うまかった。収量もよく、豊作といっても過言ではない。

 

 

f:id:sk6960:20191130114731j:plain

f:id:sk6960:20191130114735j:plain

 

当菜園の名物みたいなもんだが、クリムソンクローバーもガッチリしてきた。これで冬越し確実にできそうだ。

 

 

***

 

先日摘葉したクリスマスローズは新葉を伸ばし始めている。

 

f:id:sk6960:20191130114748j:plain

 

方々にあった、コボレダネから発芽した株は植え替えたのでいささかスッキリして見える。元々は3株しか植えていなかったのだ。

 

 

f:id:sk6960:20191130114752j:plain

f:id:sk6960:20191130114757j:plain

f:id:sk6960:20191130114801j:plain

 

これら3株は花の色が全て異なるものだ。

 

 

f:id:sk6960:20191130114806j:plain

f:id:sk6960:20191130114810j:plain

f:id:sk6960:20191130114814j:plain

 

これらも大きくなったら植え替えてみよう。

 

 

クリスマスローズは、ミモザの株元に定植した。ここなら夏場の西日をしのげるしミモザに隠れて夏の直射日光を遮ってくれるに違いないと思ったからだ。

 

f:id:sk6960:20191130114818j:plain

 

ミモザは花が散るとすぐに次の年に咲かせる蕾をつける。春になると可愛い黄色い花を咲かせるのだ。

 

さて、サトイモでも収穫すっかなぁ。

カリフラワーを収穫します

当菜園では、秋冬野菜の栽培時にはブロッコリーとカリフラワーを栽培する。特別好物な野菜な訳ではないのだが、やはり家庭菜園愛好家としてはブロカリを栽培するのはマスト。

 

f:id:sk6960:20191130114707j:plain

 

今シーズンは定植時に根を傷めてしまったので無事に収穫に至るかどうか心配だった。また定植後、長く雨が続いたのでとう立ちしてしまわないかということも心配だった。さらには11月は気温が高めで推移したので害虫による食害も心配された。

 

 

f:id:sk6960:20191130114715j:plain

 

ブロッコリーは見事、花蕾の収穫適期を逃してしまい、このように巨大化している。川花蕾も大きくなりつつあり、なかなかどうして例年とは異なる様相を呈している。

 

 

一方、カリフラワーは、今シーズンは4株定植し、うち1株は収穫した。残りは3株で、

 

f:id:sk6960:20191130114711j:plain

 

ようやく収穫できそうな、いい感じになってきた。

ただ気温が高めできたせいだろうか、モンシロチョウのイモムシが花蕾を食べていて花蕾に傷がついたカリフラワーができてしまった。

歯の食害、ひどいものね。

 

 

 

カリフラワーは栄養価が高く、しかも高価。

細君の両親の好物なので残った株は全て義両親に贈呈することになりそうだ。ま、1株食えたので満足したしね。

 

5回目の落ち葉拾いに行きました

この時期の家庭菜園的活動といえば収穫くらいしかない。

 

タマネギの定植も終えたし、サトイモの収穫が残っているくらい。そういえば今シーズンはまだボカシ肥料を仕込んでいないな。米ぬかがまだ手に入らなくて仕込みが遅れているのだ。

 

今できることといえば、やっぱ、落ち葉拾いだな。

無心になれるから落ち葉拾いは好きだ。

 

 

ということで今シーズン5回目の落ち葉拾いに出かけた。ここのところの冷え込みで落葉が進んでいた。

 

f:id:sk6960:20191130114624j:plain

f:id:sk6960:20191130114628j:plain

f:id:sk6960:20191130114632j:plain

 

さてこれらを目一杯かき集める。

時間は朝7時過ぎ。落ち葉を拾うにはいい時間だ。周囲には誰もいないし。

 

やっとクヌギの落葉が始まってくれたみたい。クヌギは良質な堆肥ができる。カブトムシも好きな樹木だ。

 

 

落ち葉はなるべくたくさんかき集め、1箇所に集めておく。効率よく落ち葉拾いするための工夫だ。

 

f:id:sk6960:20191130114641j:plain

f:id:sk6960:20191130114645j:plain

 

一つのヤマが100リットルくらいになるように集めるのがコツ。あ、この100リットルというのは収納するポリ袋の容量に合わせている。

 

 

f:id:sk6960:20191130114649j:plain

 

これがクヌギだ。葉の表面にある蝋(ロウ)が光って見える。堆肥化を進めるためにはこの蝋をやっつける必要があるが、当ブログ管理人は落ち葉を積んでおくだけにしているので蝋があろうが何があろうが構わないのだ。

 

 

せっせとかき集めること、小1時間。

 

f:id:sk6960:20191130114636j:plain

 

4袋、集めたが、まだ落ち葉の山は2つ残っている。

少しだけ休憩したら残り2山に着手。

全部で6袋、おおよそ600リットルかき集めることに成功した。そのほとんどはクヌギの葉である。

 

f:id:sk6960:20191130114654j:plain

 

 

あと1〜2回はまた集めることができるかなぁ。

 

 

 

f:id:sk6960:20191130114658j:plain

 

まだケヤキの葉が残っているもんなぁ。

 

 

集められた葉は早速菜園に持ち込んだ。

袋のまま積み上げられている。

 

f:id:sk6960:20191130114703j:plain

 

集められるだけ集めるか。どうせ暇だし。他にやることもないし。

 

なんだか暇つぶし的な、5回目の落ち葉拾いとなった。

 

タマネギの様子

f:id:sk6960:20191125130127j:plain

 

春夏野菜専用エリアで生育を続けるエンバクエンバクはオートミュールの原材料であるが当菜園では緑肥として活用している。

無論粗大有機物として地中にすきこむことを主目的としているのだが、どうしても連作になってしまうことがあるため、地中のセンチュウ密度を提言させてためにエンバクを活用している。

播種して2ヶ月以上経過している。

 

 

このエンバク、愛犬ロクロウの好物でもある。

シバ犬であるロクロウは好んでこのエンバクを食す。

 

f:id:sk6960:20191125130131j:plain

 

お分かりになるだろうか、囓られた跡を。彼は(本当に)むしゃむしゃ食らいついて食べる。黙っているといつまでも食っている。そういう犬だ。

 

 

 

***

 

f:id:sk6960:20191125130051j:plain

 

11月始めに定植したタマネギの苗。いくつか死滅している株もあるが、例年とは異なり生き残り率が高い状態をキープしているように見える。

 

 

タマネギは越冬させるから本格的な冬が来るまでにある程度しっかりと根をはらす必要がある。一方であまり肥料を与えてしまうとい保存性が悪化すると言われている。タマネギもなかなかどうし気難しい野菜だ。

 

 

f:id:sk6960:20191125130056j:plain

 

定植から約1ヶ月チョい。このくらいピンとしてくれていれば問題なかろう。

150本の苗を用意し、125本定植した。

定植するにあたり、苗を選別し、根をちぎり、定植し、種まき用培土で覆土までした。これらが無事に2020年の6月、世間がオリンピックで騒いでいる頃、収穫を迎えてくれればいい。

 

 

実は、選別された125本以外の苗、すなわち25本の苗は別のところに定植されている。もともと定植しようと思っていた場所にこっそりと植えられている。

 

f:id:sk6960:20191125130136j:plain

f:id:sk6960:20191125130140j:plain

 

やはりマルチングありとなしとでは生育状態が違ってみる。

でも、おそらくは収穫時期は同じになるのだろうなと思っている。

 

根拠?

 

 

ないですよ、そんなの。

 

どうやら無事に活着したようです

11月に入って早々に株分けしたクリスマスローズは無事に活着した模様。

 

本来ならば盛夏に株分けするのを推奨されているのだが思い切ってそれに抗ってみた。生育が加速する秋に植え替えするのはよくないらしいのだけれど、逆に根の成長も活発化するのだろうと考えて思い切って株分けしてみたのだ。

 

結果論だけれど、成功したみたいで、よかった。

 

 

f:id:sk6960:20191125130144j:plain

f:id:sk6960:20191125130149j:plain

f:id:sk6960:20191125130154j:plain

f:id:sk6960:20191125130158j:plain

f:id:sk6960:20191125130203j:plain

f:id:sk6960:20191125130207j:plain

f:id:sk6960:20191125130211j:plain

 

 

南東の角地に植え替えしたものも活着したようだ。定植後、雨が降ったのがよかったのかな? ともあれ、購入すれば高価なクリスマスローズの株分けに成功したわけだ。

 

 

先日もガーデンセンターでクリスマスローズの売り場を覗いてみたけれど、高いんだよなぁ。八重咲きの新種もあったので購入を検討してみようかと思っている。

 

菜園の様子

菜園の様子を紹介したい。

 

時間の関係で一部しか紹介できないけれど。

 

 

f:id:sk6960:20191125125925j:plain

 

何の畝だか分からないだろうけれど、これはニンジンの畝だ。幸いにも気温高めできているので遅く播種した株も収穫に至ってくれそうだ。

 

 

f:id:sk6960:20191125125929j:plain

 

にんじんの株元は何だかかわいらしい。

 

 

 

f:id:sk6960:20191125125933j:plain

 

市道側のダイコン。畝の周囲からニョキニョキ生えてきたクリムソンクローバーが勢力を拡大させつつある。

 

 

f:id:sk6960:20191125125938j:plain

f:id:sk6960:20191125130003j:plain

 

なかなかいい感じだ。

 

 

 

 

f:id:sk6960:20191125130013j:plain

 

収穫適期を過ぎたブロッコリー

 

 

f:id:sk6960:20191125130024j:plain

f:id:sk6960:20191125130028j:plain


花蕾が大きくなり過ぎて今にも開花しそう。ちょっとこれは食べられそうにないかもなぁ。頂花雷は諦めるけれど側花蕾に期待する。

 

 

カリフラワーは残り3株あるはずで、まだ花蕾が小さいままだが、

 

f:id:sk6960:20191125130020j:plain

 

モンシロチョウの幼虫、すなわち青虫の攻撃を受けてしまっている。ま、食べられないこともないけれどね。

 

 

f:id:sk6960:20191125130033j:plain

 

収穫が始まっているキャベツ。

 

 

f:id:sk6960:20191125130038j:plain

f:id:sk6960:20191125130043j:plain

f:id:sk6960:20191125130047j:plain

 

「初秋」の一部は爆発している。まだ「新藍」は手付かずだからキャベツは買わなくて済みそうだな。

 

ハクサイも順調にきているが、先日試しに収穫した株は病気にかかっていたので、収穫してみないと出来具合がどうかは判断できない。ハクサイは撮影できていないので後日改めてエントリしたい。

 

 

それではごきげんよう

ブロッコリーの収穫適期がすぎました

12月だ。

4週間経てば年末年始休暇だ。なんだか休むことしか考えていない気がするがサラリーマンなんてこんなもんだ。

とはいえ、特にイベントごともなく愛犬ロクロウと平生と変わらぬ日常を過ごすだけだ。

 

 

え?

 

パートナーはどうしたって?

 

 

毎年のことながら関西方面へお出かけしているので年末年始は不在。我々夫婦はお互いに好き勝手なことをするので干渉し合わない。短い人生、互いに好き勝手なことをすればいいのだ。

 

だから世帯主の方は年末の5S を済ませたら、うまいもの食ってビール飲んで過ごすつもりだ。

 

 

***

 

その、うまいもの食べるために菜園に赴き、不足している食材を調達した。

 

f:id:sk6960:20191125130101j:plain

 

大きくなりすぎたブロッコリー

太くなりすぎたダイコン。

ちょうどいいキャベツ。

 

 

f:id:sk6960:20191125130106j:plain

f:id:sk6960:20191125130112j:plain

 

ブロッコリーは収穫適期をすぎてしまい、開花しそうな勢い。

ブロッコリーは花蕾と呼ばれる花房を食すわけだが、未熟な時に食べるもの。だからここまで大きくなってしまう味が落ちる。黄色く見えるのが花。

 

 

 

f:id:sk6960:20191125130123j:plain

 

ダイコンは今がまさに収穫適期。早生種、中手種と時期をずらして収穫できるように意図したのだけれど収穫適期が同じになってしまった。

 

 

 

f:id:sk6960:20191125130117j:plain

 

これはキャベツの「初秋」だ。イメージよりも少し軽かった。もう少し待ってもよかったかもしれない。

 

 

***

 

今シーズンの秋冬野菜は全体として葉物は不作でそれ以外は普通の出来だといえそうだ。レタスなどはダメだったがダイコンはまぁまぁ。キャベツもまぁまぁだがハクサイはこれから。

 

雨が多かったから、が理由になるんだろうけれど、久しぶりに秋冬野菜を栽培したものだから技量が落ちていたのも理由として挙げられるだろう。まだまだ精進が足らんなぁと思う。

 

急に晴れてくれたので落ち葉拾いに行きました

f:id:sk6960:20191125125912j:plain

f:id:sk6960:20191125125916j:plain

 

これらの画像を撮影したのは11/25。

先日の寒さと雨で落葉が進んできた。

昨夜までの雨で落ち葉が濡れているのが、今シーズン4回目の落ち葉拾いに出かけた。

 

 

雨上がりの落ち葉は湿っているため、湿っている分重くなる。嵩が減る一方で重量が増える。なかなかどうして落ち葉というやつは気難しいではないか。

 

 

この日は平日のお昼前。

愛犬ロクロウとよく来る公園はナントカセンターとかいう名称が与えられており、地域の会合や選挙会場になったりする公共施設っぽい場所。

この日はご高齢の方々の合コン、いや、会合が行われており、ご高齢の方々御用達の軽トラは自転車が大量に(誇張ではなく)置かれていた。

 

こりゃ、あまり長い時間落ち葉をかき集めていると話しかけられてしまう、と思い、短時間で集めることにした。当ブログ管理人は何かの作業中に話かけられたいとは思わない。一人の時間を邪魔しないで欲しいと思っている。

 

 

 

結局集められたのは3袋、300リットルもいかないくらいだった。

 

f:id:sk6960:20191125125921j:plain

 

まぁ仕方ない。そもそも今日は落ち葉拾いをする予定ではなかったのだから。

 

幸いにもケヤキが散り始めているし、クヌギも散り始めた。しばらく土日は落ち葉拾いができるだろう。でも落ち葉拾いは早朝に限るな。日中は人が多すぎる。

 

 

陰キャな当ブログ管理人はコミュ障でもあるから(笑)

 

 

休暇は終わりぬ

先の週末は久々に雨の週末だった。

 

したがって家庭菜園的活動家は何もできなかった。というかやる気もなかった。なぜだか分からない。そういう時もある。

 

 

11月はいつもの土日の休みの他に、金曜日だったり月曜日だったりに有給を当て込んで毎週3連休にした。特にやるべきことはなかったのだけれど、それでも収穫したい野菜があったので菜園に赴いたり落ち葉拾いしたりしていた。

 

だけれど、そんな11月も終わってしまう。来月から新たなプロジェクトが始まるのでまた多忙な日々が始まるわけだ。休暇は終わりぬ、とはよく言ったものだ。

 

 

***

 

自宅の大根が収穫適期を迎えた。

 

f:id:sk6960:20191125130215j:plain

 

 

その隣のニンジンはいかに?

 

f:id:sk6960:20191125130220j:plain

 

もう少し本葉が展開して欲しいなぁと。

 

f:id:sk6960:20191125130225j:plain

 

根部の肥大化はこれからだな。

 

幸いにも気温高めできているので年内収穫はできそう。

 

 

味は変わらないし

先日のブログの内容について

 

キャベツの様子がわからないじゃないか

 

というご指摘をいただいた。確かにわかりにくい。それは当ブログ管理人も素直に認める。だから今回、ネットをフルオープンにしてキャベツを確認した様子をアップしたいと思う。

 

 

f:id:sk6960:20191117074844j:plain

 

どうやっ(ドヤ顔)

 

 

こうして開けてみると食害痕が多く見られる。

 

f:id:sk6960:20191117074849j:plain

 

結球部分は問題ないし、外葉の食害痕が目立つ。これは「新藍」という品種だ。

 

 

f:id:sk6960:20191117074853j:plain

 

これも「新藍」という品種だがほとんど無傷だ。

 

 

f:id:sk6960:20191117074858j:plain

 

成長点が何らかの事情により傷ついたキャベツ。結球部分が2〜3つになっている。

 

 

f:id:sk6960:20191117074902j:plain

 

これは「初秋」という品種。ほぼ無傷。

そのほかにも爆発を始めた株もあった。幸いにもイモムシの類は見当たらなかったのでこの畝からキャベツを2個ばかり収穫した。

 

そのほかにはブロッコリーとダイコンも収穫。

冬野菜って、この収穫の瞬間が素敵だ。

 

f:id:sk6960:20191117074906j:plain

f:id:sk6960:20191117074913j:plain

 

ブロッコリーはここんところの好天で頂花蕾が急成長したのでかなり大ぶりなものが収穫できた。ダイコンも長さといい、太さといいかなり上質なものが収穫できた。ただ、ダイコンの表面の傷だけが目立つ。これじゃ売り物にならんかな? B級品になってしまい、安売りセールの対象になるのだろうか? 味は変わらないのに。

 

 

f:id:sk6960:20191117074916j:plain

 

右のキャベツは爆発しかけていた。内部の成長が急激すぎて周囲が追いつかなかったのか? よく雨後、天候状態が回復し好天が続くとこういう現象が見られる。でも味は変わらない。

 

 

f:id:sk6960:20191117074921j:plain

 

これは「初秋」だね。

 

 

一方、爆発していないキャベツは

 

f:id:sk6960:20191117074926j:plain

 

細君の実家に届けることにした。ダイコンとブロッコリーも添えて。

 

 

なかなかどうして宿根草の発芽は難しい

当ブログは家庭菜園的活動の記録を認めたものである。そして当ブログ管理人は家庭菜園活動家である。

 

ん?

 

自称週末ファーマー』よりも『家庭菜園活動家』の方がしっくりいくなぁ。

 

 

 

そんな家庭菜園活動家ではあるが人並みに花木を好む。幼少の頃からの趣味で、と言いたいところだが幼少の頃は全く興味がなかった。無論、花木に、である。

 

最近は手のかからない宿根草ばかりを好んでチョイス、栽培する。

 

 

これはいつぞやかに播種したオキシペタラム、通称ブルースターだ。

 

f:id:sk6960:20191117074811j:plain

f:id:sk6960:20191117074815j:plain

f:id:sk6960:20191117074820j:plain

f:id:sk6960:20191117074825j:plain

f:id:sk6960:20191117074830j:plain

 

白く見えるのは亀の甲羅ではなくクルミの殻。色あせたクルミの殻はこれから冬眠しようとする亀の甲羅のように見える。

 

 

このプランターには昨年冬、コボレダネで発芽したパンジーが蔓延っていた。今年もコボレダネで発芽したパンジーがいる。

 

f:id:sk6960:20191117074834j:plain

f:id:sk6960:20191117074839j:plain

 

オキシペタラムは越冬こそするけれど強烈な霜には弱い。パンジー冬の花。共存していけるかはわからないけれど両方ともすくすく育ってほしいものだ。

 

 

宿根草は発芽しにくい種類のものが多い。いろんな宿根草にチャレンジしてきたけれど、今回のオキシペタラムのように発芽に成功した例もあれば、全く発芽に至らず、という宿根草の例もあった。土、気温、地温、水、いろんな要因があるのだろうけれど、プロはそれを発芽させて商売にするのだから、なかなかどうしてプロはすごいと思う。

 

早朝の菜園はいいなぁ。特に平日早朝の菜園は

(※撮影日 11月15日)

 

 

冷涼な気候を好むエンバク

朝日に映えて美しく見える。

 

f:id:sk6960:20191115080233j:plain

 

 

市道側のクリムソンクローバーはこれから冬越し。

 

f:id:sk6960:20191115080238j:plain

 

今年は雑草さんがはびこってしまったけれど、

 

 

f:id:sk6960:20191115080243j:plain

 

可愛らしい本葉が展開している。

 

 

f:id:sk6960:20191115080247j:plain

 

ブロッコリーとカリフラワー。

先日、ブロカリ1個ずつ収穫。すでに胃袋の中に格納。2個目のカリフラワーはまだ収穫できそうにないのでブロッコリーを収穫したい。今、収穫適期だ。

 

f:id:sk6960:20191115080252j:plain

f:id:sk6960:20191115080257j:plain

f:id:sk6960:20191115080301j:plain

 

それも手のひらサイズになってきた。

 

 

f:id:sk6960:20191115080305j:plain

 

ダイコンも収穫適期に入りつつある。

 

 

f:id:sk6960:20191115080309j:plain

 

いい太さだ。その奥にはねじ曲がったダイコンも見える。菜園主の性格を表しているのだろう。

 

 

ネット越しで見にくいけれど、

 

f:id:sk6960:20191115080313j:plain

f:id:sk6960:20191115080318j:plain

 

キャベツとハクサイ。

先日キャベツを試し取りして見たけれど、結球が甘かったのでもう少し収穫を待つ。画像のハクサイは晩生だからまだ結球が甘い。

 

f:id:sk6960:20191115080323j:plain

f:id:sk6960:20191115080328j:plain

 

よく見ると虫食いのハクサイもちらほら。

やはり10月の雨で管理作業がなかなかできなかったのと、11月に入ってからの好天で少々虫さんの活動が活発化しているというところが原因なのだろうか。

 

 

ニンジンさんも根部の肥大化が始まったし、あとはサトイモの収穫だ。

 

 

まだまだ落葉が本格化しない2019年秋

11月は有給を使っている。

だから平日に思いっきり家庭菜園的活動ができる。しかも雨の多かった10月から一転して安定した気候になっているものだから「せっかく有給とったのに雨で何もできなかった」ということがないので助かっている。

 

先日も平日に休めたので近くの公園に落ち葉拾いに出かけた。今シーズン3度目の落ち葉拾いだった。

 

 

f:id:sk6960:20191115080203j:plain

f:id:sk6960:20191115080214j:plain

f:id:sk6960:20191115080219j:plain

 

まだまだ落葉が本格化しない。気温が高めだからだろうか。

 

 

落ち葉はいろんなところに転々としている。またいわゆる吹き溜まりに集まる傾向がある。そのため落ち葉を1箇所にかき集めるだけかき集めて、それからポリ袋などに放り込み、作業の効率化を図る。

 

 

f:id:sk6960:20191115080223j:plain

 

吹き溜まる箇所は決まっているのでそこを中心に「熊手」でかき集め、

 

f:id:sk6960:20191115080229j:plain

 

このように1箇所に集めておく。

 

 

せっせと集めた後でポリ袋に投入する。

 

f:id:sk6960:20191115080159j:plain

 

今回は500リットルくらい集められたかな。

 

 

この調子だとこれから本格的に落葉してくれればまだまだ拾えそう。できるだけ集めておいて落ち葉堆肥BOXの拡張を本格的に検討することにしよう。

今はケヤキが中心だけれど今後クヌギも拾えるだろうからね、まだまだ楽しみは続く。

 

いいところ

隣の奥様から天ぷらの盛り合わせをいただいた。

 

ふむ、どうやら我が家の野菜を望んでいるようだ(笑)

 

 

隣の奥様にはダイコンと試し掘りしたサトイモを差し上げた。

 

差し上げたダイコンはこれだ。

 

f:id:sk6960:20191109151717j:plain

 

菜園のダイコンを収穫してきたのだが、ブロカリも収穫してみた。ブロッコリーはもう少し大きくなってからと思ったのだが、小ぶりのうちに食すのが美味。まだまだ10株近く残っているので収穫してしまった。

これらは早速夕ご飯の一品として供された。

 

 

自宅でもダイコンを栽培しているが、

 

f:id:sk6960:20191109151706j:plain

 

まずまずの様子だ。

だが、サニーレタスはもうどうしようもない。

 

 

f:id:sk6960:20191109151710j:plain

 

ダイコンをよく眺めてみるとオンブバッタがデート中であった。iPhoneを向けても動かなかったのでいいところだったのだろうか。

 

「邪魔したな」

 

 

謝ってみたけれど、彼らはいいところだったせいか、何も返事をしてくれなかった。ご機嫌を損ねてしまったようだった。