自称週末ファーマーの菜園ブログ

人と向き合う代わりに犬と野菜と向き合い、出不精な性格ながらも少しでも進化しようとささやかな努力を続ける中年の趣味のお話。たまに出てくる仕事の話はストレス発散目的

年が明けるとエン麦は真っ白に

今シーズン初めて本格的に降雪。この程度の雪でも首都圏では大騒ぎ。昨晩から降っており、この段階で

 

「明日は普段通りには出社しない」

 

ことを宣言し、退社してきたという次第。これを免罪符にして堂々と遅刻するつもり(笑)

 

 

***

機会あるごとに冬野菜が高騰している話題を耳にする。確かにスーパーで売られているハクサイなどの鍋野菜の王様、キャベツなどトンカツに付く名脇役、色白美人のダイコンなどかなり高価となっている。

 

「ハクサイ1玉398円?」

「キャベツがソフトボールサイズで158円?」

「ダイコン1本、198円?」

 

買えない。

 

 

f:id:sk6960:20180114165618j:plain

我が菜園のエン麦の様子。年を越したあたりからエン麦はかなり年老いてしまった。このまま3月を迎える頃になると緑色が復活して来るのだけれど、その頃には刈り払いしてしまう予定。

 

2018シーズンの家庭菜園的活動は3/3あたりだろうか。

性懲りもなく、じゃがいもを定植する予定。

 

3週間ぶりのご無沙汰でございます

ご無沙汰しております。

かくかくしかじかの事情がありましてブログの更新が滞っておりました。更新のない期間におきまして、一刻も早く更新したいという気持ちがあったのですがブログを更新する機会に恵まれず今日に至ってしまったわけでございます。

 

 

かくかくしかじか、というのはとても便利なワードでして、俗にいうネットスラングの、

 

くぁwせdrftgyふじこlpくぁwせdrftgyふじこlp

 

 

というのと同じ扱いだと理解しております。

 

ふじこふじこ、

 

なんて言い方をすることもございましてね、実に都合のいいワードであります。

 

 

 

ともあれ、ようやくブログを再開できる環境が整い、機会を活かすことができるようになりましたのでこうしてブログを再開することに致しました。

 

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

次回更新は1/5を予定しております

当ブログ管理人が勤務する会社は今日が仕事納めだ。(裁量権を持っているので)納会を早く実施し、早く退勤できるように準備してきた。だから今日は早めに切り上げ、早めに自宅に戻ることが出来る。

 

特に今年は何の貢献もなかったなぁと思う。

ま、貢献は誘引があってこそだし(←言い訳)、

モラールが下がりまくっているから何をやるにも“気”が入っていない。

 

 

 

長く準備してきた国家試験への合格も成し遂げられずに終わった。でも今年は相当に努力し、準備し、万全で臨んだにも関わらず成就できなかったから、不思議とダメだったことに納得。来年、どうするか考えていない。

 

 

f:id:sk6960:20171224133920j:plain

 

こいつに聞いても返事なし。ストーブの前に陣取り、ぬくぬくしている。

 

 

 

 

大方の企業は今日または明日が仕事納めかもしれない。小売業やサービス業はかきいれ時を迎えるのかもしれない。若い頃は年末年始なんて、とか思っていたが年を取ってくると年末年始はとてもいい文化のような気がしてきた。不思議なものだ。

 

f:id:sk6960:20171224133915j:plain

小さいサイズの水仙の芽が出てきている。着実に季節は進んでいるのだ。

 

 

f:id:sk6960:20171224133916j:plain

あじさいの新芽。あじさいも剪定してやらんとなぁ。

 

 

 

***

自称週末ファーマーを名乗る家庭菜園愛好家はしばし冬ごもりに入ります。明日から1/4までブログの更新を中止します。

次回の更新は1/5を予定しております。

 

拙い内容だし、駄文だし、いささかマニアックだし、それでも当ブログを読んでくださった方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

それでは良いお年をお迎えください。

 

乾燥続きで手あれがひどい今日この頃

f:id:sk6960:20171224133910j:plain

f:id:sk6960:20171224133911j:plain

f:id:sk6960:20171224133918j:plain

f:id:sk6960:20171224133917j:plain

 

この冬はわりかしカラフルな花が庭を華やかにしている。一面は枯れ草色になっているので青だの赤だの黄色だのとてもキレイにみえる。

 

家庭菜園的話題がとぼしく、花の話題になってしまい恐縮ではある。いかんせん、ネタを探しに庭に出てみても目につくのは花とモミガラくらいしかない。

 

冬至も過ぎ、日没の時間が遅くなる方に転じているが、夜明けの時間はまだ遅い方に向かっているので日が延びた感じは全くない。気づけば正月も終わるだるし、気づけば節分を迎えるようになる。

 

同じように、気づけば球根植物が芽吹くようになるし。

 

 

どなたもステキな年末年始をお過ごしください。

 

水仙はクラシック音楽が似合う?

先の週末はのんびりと過ごした。

家庭菜園的活動も特にやることもなく、庭仕事も何もなく、ゆったりとした気持ちでクラシックを聴きながら好きな本を読んだり室内の整理整頓を行っていた。

そう、自称週末ファーマーはクラシック好きな家庭菜園愛好家なのだ。クラシックは中学生に上がったあたりから好きになり最近ではN響を聴きにいくまでになっている。

 

とはいえ、あまり自分がクラシック好きなのだということを自分からペラペラ言うことはしない。乗車する車内ではいつもクラシックがかかっているなどということが知られるとかなりの確率でどん引きされるからだ。

 

ごくまれにクラシック好きな人と仲良くなったりするのだが、これもまたかなりの確率で嗜好が違っているので話が合うことはそうそうないのである。

 

当ブログ管理人はバロック音楽を好む。なかなかバロック音楽好きの人を見かけたことはない。むろん交際範囲のきわめて狭い当ブログ管理人のことだからバロック好きを見かけないだけであるが・・・。

 

f:id:sk6960:20171224133909j:plain

 

今年もこの時期に水仙らしき花が咲いた。年々株が充実してきているせいか、蕾がたくさんあることが確認できた。

 

やれやれ、今年もあとわずかだなと呟いてみたが、水仙らしき花はにっこりと微笑んでいるだけだった。

 

 

 

喫煙習慣を止めて2年近くが経過しようとしています

思えば2016年の1月に喫煙習慣を止めた。まもなく年が明けるので喫煙習慣を止めて2年が経つことになる。喫煙習慣を止めたおかげで次のような事象が起こるようになった。

①缶コーヒーを飲まなくなった

②便通がよくなった

③咳や痰が出なくなった

④タバコが臭いと感じるようになった

⑤太った(笑)

 

f:id:sk6960:20171222132532j:plain

 

①缶コーヒーを飲まなくなったのはひょっとしたら純粋に缶コーヒーがうまくないと気付いたからかもしれない。とはいえ、毎朝、コーヒー豆からコーヒーを沸かして飲んでいるのだからコーヒーが嫌いになったわけではない。タバコを吸っていた時分はタバコの臭いとか味とかを消すために飲んでいただけなのかもしれない。現在は缶コーヒーの変わりにお茶を飲んでいる。そして会社にあるコーヒーメーカーでおいしくないコーヒー(泥水、ともいう)を飲む。

②便通がよくなったのは完全に喫煙を止めたからだと思っている。それまでは下痢気味だったり便意が不定期だったのに対して、喫煙習慣を止めたおかげで日々便意はあるし、快適なトイレタイムが繰り広げられている(笑)

③咳や痰はタバコを止めたから止まったし、

④タバコから離れたせいでタバコの臭いに敏感になれた。今では電車内にいる誰が喫煙者だか男女問わず分かるようになった。

⑤の太ったという事実。10kg以上太ってしまい、健康診断ではずいぶんと指摘されたものだ。

医師「10kg以上も太ってどうしたのですか?」と訊くので

自分「タバコ止めたからですよ。健康になったつもりが不健康」と答えると

医師「ちゃんと運動してください」と事務的に言われた。「だってご飯がおいしんだもん」というと「その分運動して消費すればいいんですよ」とあっさりと返された。

 

 

タバコを止めた効用は先に挙げた①~⑤以外にもある。

 

⑥タバコ代が浮いた

⑦ついで買いがなくなった

上記より、カネが貯まるようになった

 

当然にタバコを買いに行かないのだから⑥タバコ代が浮いたことで⑧カネが貯まるし、コンビニ等でタバコを買うことがなくなったため⑦ついで買いがゼロになり、カネがたまるようになった。貯めたお金で時計が買えたし、今は貯めたお金でノートPCを買おうと考えている。

タバコを止めて女性にモテるようになるかなと思ったがモテるようになっていない。そう細君にいうと、「ま、年だしね」と逆撃を受けた。そのとおりだと思った。

 

 

飲み会等で目の前でタバコを吸われても吸いたいとは思わない。100%喫煙習慣が復活することはないと思う。

 

 

なぜって?

 

 

 

 

だって、血圧高いって言われたから(笑)

 

 

モミガラ堆肥、完成品

何度も書くようで恐縮だが、当ブログ管理人は自称週末ファーマーを僭称する家庭菜園愛好家兼家庭菜園活動家である。当ブログの位置づけは単なる備忘録であり、読者を忖度しない身勝手かつ自己満足的ブログである。

ただそれだけのブログである。

はてなのトップページに紹介されることもないし、リンクを貼らせて下さーいと頼まれることもない。

当ブログに強みがあるとすればほぼ毎日更新があることくらい。それだけ。

 

***

f:id:sk6960:20171217152026j:plain

我が家で作っているモミガラ堆肥が一応の完成をみた。これを一冬中放置し完全に熟成させる。用途は自宅の庭に散布する。

 

f:id:sk6960:20171217152027j:plain

こちらはまだ熟成が進んでおり、これも一冬中寝かせておく。かき混ぜてみると、

 

f:id:sk6960:20171217152030j:plain

f:id:sk6960:20171217152029j:plain

f:id:sk6960:20171217152028j:plain

このように白く見える「菌糸」みたいなものがあるからまだ放っておくことにした。春になれば少しは進展があるだろうし。その時は庭に撒いてしまおう。

 

お勝手口にも2つモミガラ堆肥があるけれど、

f:id:sk6960:20171217152031j:plain

f:id:sk6960:20171217152032j:plain

こんな塩梅。

 

かき混ぜてみると、

f:id:sk6960:20171217152035j:plain

中に入っている残渣が分解してくれれば散布できそうだが、

 

f:id:sk6960:20171217152033j:plain

もう一方はまだ分解が足りないかも。ミミズがうじゃうじゃいることを確認したが、モミガラそのものも姿形が残っている。焦る必要はないしね。放置を決め込むことにした。

 

遅くとも春には散布してしまい、新たに仕込みを行うつもりだ。

 

土曜日と祝日が重なる日が多かった2017年も終わりそうです

2017年は、祝日が土曜日に重なってしまう日が多く、カレンダーを見てがっかりしたものだった。

2月には2/11が土曜日だったから三連休じゃなかった。残念。

4月は4/29が土曜日。GWのウキウキ感にだまされていたけれど土曜日に重なっていた。

9月は23日が土曜日に重なり、休みが一日減った気持ちになった。

で12月23日だ。

え? 4日だけだったか?

こりゃ、失敬。

 

 

***

f:id:sk6960:20171217152039j:plain

豊かな収穫が続くダイコン。今年はスの入ったダイコンが少ない。これから収穫が遅れるとスが入るようになるため気をつけたい。

 

 

f:id:sk6960:20171217152040j:plain

カリフラワー。あと1株収穫を待っている。一応高級食材なんだけれどね。

 

f:id:sk6960:20171217152041j:plain

ブロッコリー。寒さにあたっているためアントシアニン全開な色味だけれど、茹でてしまえばいつものような色になる。寒さにあたり甘みがあってよい。

 

ブロッコリーは側花蕾が収穫できるから3月頃まで畑に置いておく予定。

 

年末年始は休暇を迎える前の一週間が気持ちが高揚していい感じになってヤバイです

f:id:sk6960:20171217152020j:plain

冬至。寒い日だ。カボチャとゆずらしいけれど、栽培したカボチャは全部配ったしゆずは焼酎の割り材だ(笑) 日没が早いからもの寂しい気持ちになるけれど、逆に考えれば冬至を境に再び日中の長さが伸びるようになる。まだ夜明けの時間は早くならないけれど、凛とした寒さの中、朝日が昇る瞬間を見るのは神聖な気持ちになる。

 

 

f:id:sk6960:20171217152038j:plain

盛夏に咲き誇るブルースターと呼ばれる「オキシペタラム」。まだ咲いているのだけれど、どう見ても新陳代謝が進まないだけのような気もする。宿根草なので来年も咲かせるためにそろそろ軒下に仕舞っておかないといけん。

 

 

f:id:sk6960:20171217152019j:plain

外で作業をしていると愛犬ロクロウは窓辺で外を眺めている。飼い主がおいしいものを食べていないか監視するためだ。なかなか現金なイヌでして・・・。

 

しばらく作業をしていると、

 

f:id:sk6960:20171217152025j:plain

 

寝てる。

彼にとっては冬至もクソもないのだろう。

来世は犬がいい。

 

サトイモと記者会見

煮物を作りたいのでサトイモを収穫しに行った。日曜日の話だ。強風の中サトイモを収穫し、残った親芋をどうしようかと考えた。

つまり、「来年も植え付けに使うかどうか」をだ。

 

f:id:sk6960:20171217152054j:plain

 

親芋は菜園のモミガラBOXに放り込んでおくことで来年の春まで保存が利く。そしてそれを植え付けに用いるのだ。

とりあえず使うかどうかともかくモミガラBOXの中に放り込んでおいた。その後のことはまた後で考えれば良かろう。

 

 

***

当菜園のモミガラBOXは収穫残渣を分解させる機能と保管しておきたいものを格納しておく機能を有している。運がいいと当該モミガラBOXの中でサトイモが育つことがある。むろんサトイモが育つということはそのモミガラがしっかりと分解されて植物が育つ適切な腐植になったことを意味する。そして意外とモミガラBOXで育ったサトイモの方が出来が良かったりする。皮肉なものだ。

 

 

ともあれ、サトイモを収穫し煮物を作ることにした菜園主は日曜日の昼間からキッチンで料理を始めたのだった。

 

 

え? 

 

奥さんは何しているかって?

 

 

 

 

いやいや、男も女もクソもないでしょ?

 

 

え? いつも家事をやっているようだって?

 

 

 

 

 

 

あはは、分かります?

細君は某○○○ズのコンサートに出かけてますの。

そう、旦那と犬をほったらかしにして。

 

え? そのうちに羽田空港のゴミ箱前で記者会見をやるようになるって?

 

そしたら対抗してリッツカールトンで朝8時から記者会見を開きますよ(笑)

 

 

 

播種して育てるハクサイの出来具合

現在のハクサイの畝。この畝は播種で育てているハクサイの畝だ。

 

f:id:sk6960:20171217152046j:plain

結局、これ以上大きくなることなく真冬を迎えてしまった。大きくなれなかった要因は菜園主のウデによるものなのか気象条件によるものなのかは明白であり、家庭菜園においては常に自責の考え方に基づかないとPDCAを廻すことは出来ない。

 

f:id:sk6960:20171217152047j:plain

結球はしているのだけれど、巻かれた葉の数が少ないのと、全体的に小ぶり。収穫したら鍋物1回で全消化できそうなくらいのサイズ感。

 

一方で苗から育てたハクサイは収穫が続いているけれど、

f:id:sk6960:20171217152048j:plain

廻りの葉が寒さで傷み始めている。収穫してみるとずいぶんな重さを感じるので及第点な出来映えだったと言えそうだ。

 

f:id:sk6960:20171217152053j:plain

ダイコンとともにハクサイを収穫。

 

ハクサイはお鍋に投入したり漬物に使ったりと重宝している。一枚一枚葉をむしっていくとたまーにむみょむみょしたイモムシに出会う。その時は手で摘んでお勝手口の外に放り投げる。その後の行方は誰にも分からない。

 

例年だとヨトウムシだの何だので食害がひどいのだけれど今年は食害が少なかったのがよかった。

 

寒くなってきたから鍋物の回数が増えてきている

この時節、野菜の価格がまだ高いらしい。スーパーに行ってもそれを実感する。ダイコンやキャベツが高いし、ハクサイも高い。特に葉物が高くて水菜や春菊が高いままでこの時期を迎えている。

そう、秋の長雨と10月下旬の台風のせいだ。

幸いなことに当菜園のキャベツは順調に収穫が始まっているし、ハクサイもそこそこな締まり具合で収穫できている。

 

しかし、・・・。

 

 

気象条件の影響か分からないけれど、収穫してみるとキャベツの重みが足りない。葉の締まり具合がイマイチ足らないのだ。それにタネから育てているハクサイも結局こぶりのまま冬を迎えてしまった。

 

f:id:sk6960:20171217152042j:plain

 

葉の締まり具合が悪いのは『初秋』という品種のキャベツだ。

 

 

f:id:sk6960:20171217152043j:plain

見た目にはそうでもないように見えるけれど、収穫してみるとその軽さに驚く。今回収穫したこのキャベツも軽かった。

 

f:id:sk6960:20171217152052j:plain

 

ま、仕方ないな。天候には勝てないのだから。

 

 

 

一方でもう一つの品種の『彩音』はどうかというと、

f:id:sk6960:20171217152044j:plain

f:id:sk6960:20171217152045j:plain

実はまだ収穫が始まっていないけれど、触ってみた感じだとしっかりと結球しているような気がした。

 

 

今シーズンは防虫ネットもマルチもせず、キャベツにとっては悪条件だったかもしれないが、冷涼な秋だったから害虫による食害が想定内で済んだ。結果オーライだな。

 

野菜の価格が高騰している中、ふんだんにキャベツが食べられることに感謝しつつ。

 

風が強い朝だけれど、冷気が気持ちよい

今年も残すところあと2週間あまり。

家庭菜園的活動もないし、閑散期にやるべきことを除けばのんびり年末年始を待つことになる。いくつかの収穫物を求めに菜園に行くこと以外では菜園に赴くことが少なくなった。

 

f:id:sk6960:20171217152049j:plain

 

この日の朝は北風が強く吹いていた。北風のおかげで強烈な霜がおりることはなかったので菜園のクリムソンクローバーが姿勢を正して朝日を全身で受け止めていた。

 

f:id:sk6960:20171217152050j:plain

 

この時期にかなりもこもこしているから、来年のGW頃にはキレイな花を咲かせてくれるだろうと思う。

 

さて何を収穫しようかな?

そもそも献立を決めていないや。

 

f:id:sk6960:20171217152051j:plain

 

菜園主が献立を考えている間、愛犬ロクロウは大人しく待っていた。

世間は師走で騒がしいけれど、ロクロウには平生と変わらぬ日に違いない。

 

リードを離していてもその場でキチンと待てる犬だから、飼い主的にはありがたい。安心して菜園の撮影が出来るというものだ。

 

さて、帰ろうか、我が愛犬よ。

 

 

やれやれ、またモミガラのハナシか。

f:id:sk6960:20171211115048j:plain

 

12月の始めに3代目の生ゴミ処理機を仕込んでいる。生ゴミ処理機といってもそれはただのモミガラであり、モミガラを大き目のプランターに入れてあるだけのお粗末なものだ。しかしこのモミガラによる生ゴミ分解処理装置はかなり優秀だ。特に野菜クズなどを放り込んでおくと数日後にはとろけてしまっているからだ。発酵を促す適度な資材と、発酵を促す適度な水分があれば優秀な処理装置と化す。

 

出た生ゴミを放り込む。
モミガラに残渣を混ぜ込む。
しばらく放置する。
思い出したときに見にいくとクタクタになっている。分解成功。ミミズさんが活躍していれば堆肥化は進行するだろう。

 

しかし、ここで欲張って人為的に堆肥化を進めようとするといけない。堆肥化することイコール生ゴミ分解処理装置の寿命を早期化すること、だからだ。堆肥化したモミガラは、分解処理という役割を終える。だからできることなら自然に堆肥化するようにもっていくと、この分解装置はおおよそ2年はもつことになる。

 

f:id:sk6960:20171211115049j:plain

 

仕込んだときには表面一帯を米ぬかで覆ったはずだった。しかし今は表面に覆った米ぬかはなく、スズメなどの野鳥についばまれたのではないかと推察した。鳥のフンらしきものが落ちているからだ。

 

本当に気が向いたときだけ散水したり米ぬかを散布したり微生物資材を加えたりするだけ。結構便利なので来シーズンはもう少し拡大させて運用しようかなとも思っている。

 

そうそう、米ぬかを入れるとミミズが住み着くのが早くなるような気がする。

 

 

クリスマスローズ

例によって年末年始の我が家ではお互いがお互い好きなことをやりながら過ごす。
世帯主は主に庭仕事や畑仕事。細君は某アイドルグループの追っかけ(笑) 性懲りもなくあっちゃこっちゃ出歩いている。
世帯主はこれ幸いにと好きなことをやるから、気前よく「行ってらっしゃい」となる。
これが夫婦円満の秘訣だ(笑)

世帯主も今宵は古い友人たちと酒を飲む機会があり、それに出かけるだけ。忘年会、といえば聞こえはいいがただの飲み会だからね。こういう時期でもないと古くからの友人たちを飲み交わすことが出来ないから楽しんでこようと思う。

 

 

f:id:sk6960:20171211115050j:plain

 

花を咲かせるたびに、夏になったら株分けしなきゃ、と思いつつ、結局は放置してしまわれているクリスマスローズ
世帯主の怠惰ぶりに負けじと立派な株になっている。
もう少し日当たりよくてもいいかなぁと思うので、株分けしたときには日当たりのよいところに植えてあげたいと思う。